スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    気が利いてる。

    10-09,2012

    懐石の先生のお手伝いの後、
    出光美術館に寄り道。

    こちらの展示は
    主催者側のノイズが一切無い。
    ものをものとして
    ありのままに見せてくれる。
    この美術館のこの硬派さが
    爽やかで好きだ。

    今回は
    東洋の白いやきものー純なる世界―。

    陶芸を始めた頃、
    古い図版で中国や朝鮮の
    モノクロの白磁を随分見た。

    まだ20代だった私は
    首と足元のきゅっと締まった
    北宋時代の水注が優美に見えて
    早速模して作った。

    細い口と手、蓋と高台、
    くびれたライン。
    結構な難易度で
    作るのに時間もかかったのに
    気に入って使っているうちに
    倒して割ってしまった。

    割れても割れても
    しつこく3度も作ったことを
    展示をみて思い出した。

    あの古い図版の白磁たち、
    私が模した水注も
    3Dで並んでいる。

    壷や皿に混じって
    景徳鎮の青白磁の枕。
    固くて冷たい陶器の枕。
    上部には蓮の葉が刻まれ
    柱も蓮の葉、
    下には蓮花咲き乱れ・・・
    青白いその色肌の中
    安らかな夢がみられそう・・・

    生憎大名物の白天目の展示は終わっており、
    仁清の白釉耳付水指となっていた。
    併設で仙厓の軸や等伯の六曲一双屏風など。

    陶片室と朝夕庵の取り合わせを覗いて
    ソファで温かいほうじ茶を頂く。
    パノラマを見ながら一息。

    お決まりのコースながら
    最後のところで
    自らお茶を注ぎ
    眼の裏を整理する
    これがとてもイイのだ。

    言葉を発せずあくまでセルフ
    見た後はこれがいい。

    この美術館は本当に無駄がなく
    最高に気が利いている。

    きっと
    ものをみているんだろう。
    ものをみるということを
    本当に知っているのだろう。

    次回は琳派で抱一。
    スポンサーサイト

    名前はいらない。

    08-08,2012

    褪せていく葉。

    P1030655_convert_20120810142256.jpg


    同じ匂い。

    05-24,2012

    お金というもので対価を払うとしたら
    これほど釣り合わないものはない。
    二千円に満たないお金で
    こんなにも豊かに満たされる。
    もっと払いたい。
    払わせてほしい。
    企画した全ての方に深く感謝します。
    セザンヌ展。
    予想通りの至福の時を堪能・・・

    もう何も言いたくない。

    気に入った絵が数枚あったので
    帰りに図録を見たら
    やっぱりの別物振りにため息。
    本物に逢いに出かけるより他はない。
    もうこれは恋とか崇拝とか
    そういうものだから
    時間と労があって然りで
    その中にまた熟成し募る気持ちもある。
    だからまた逢いにいくよ。

    オランダとスイスでみた水彩群↓

    P1030261_convert_20120528173635.jpg

    描かないのに描けている
    マティスとは違う描かない。
    描かないのに見えている
    光。
    世の中には痺れるような
    完全というものがある

    もう何だろうこれは

    なぜこんなに満たされる

    恋という名をつけようか。

    ただ手が描く。

    07-27,2011

    ただその手が描いた
    鉛筆の線。
    絵はただその手が描く。

    私の好きな線をひとつみつけた。
    若き日の水彩も一点。

    出かけて良かった。
    パウルクレー展

    案の定の人波。
    覚悟して椅子で休みながら
    ゆっくりと
    波の切れ間に
    好きな絵の前を行き来。

    東京国立近代美術館
    以前いつきたか記憶にない。
    常設を覗いたら
    石本泰博の「桂」のスペースが。
    高村高太郎の鯰なんかも。

    帰りに新宿伊勢丹に寄って
    沢山の人と物の波にのみこまれ。

    なんとなく
    きれいな色がみたくなって
    家に帰って
    ノルデの水彩画集を開く

    こんなにきれいな重なり

    本物みたいなあ

    norude・003_convert_20110729104656

    次にドイツに行った時
    いちばん楽しみな宿題。

    バーゼル

    07-14,2011

    スイスの思い出つづき

    最終日はバーゼルへ。
    バーゼルは、ドイツ・フランスとの国境に位置し、
    ライン川が流れる北の玄関口。
    スイス最古の大学がつくられた中世の時代から
    学芸や文化の中心地として名高く、
    個性的な美術館や博物館も充実し、メッセなども数多く開催される、
    洗練された頭脳の集積地。
    美しい旧市街と気鋭の建築家が手がけた近代建築が風景の中に混在し、
    国境に近いということで人種も雑多な印象でした。

    こちらでは、バイエラーコレクション。
    印象派から現代美術まで。日本ではあまり見ることのないポリネシアンアートが
    それらの作品群と違和感なく調和していて。
    個人の目の持つ確かさです。

    バーゼル美術館。スイス最大級の美術館。
    もうアカン。いくら絵が好きといっても
    5枚くらいが限度の普段のキャパシティを遥かに越えたのでした。

    最終日のホテルはソイステル。
    最後の晩餐。
    スイスワインは品質を守るため生産規制がある上、
    スイス国内の消費量が多いため、海外にはほとんど輸出されていないとか。
    軽い口当たりを楽しんで、余韻残るままに眠りにつきました。

    ほとんど忘れていたけれど、クレー展のおかげで思い出した
    スイスの旅。
    旅行にカメラを持っていかない私が写真を撮り、
    そして、すぐにポイする私が何故かまだ保管していて。

    なのでここに覚書として遺しておきます。

    またいつか。

    suisudennsya_convert_20110716140222.gif
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。