スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    北限の紅茶

    01-31,2012

    続いていく中国茶。
    前回お会いしたお寺の奥様のご案内で伺う。
    お寺なので、きっと寒いと思い、
    防寒対策バッチリで出かける。
    久しぶりにお寺の奥に上がるなあ。

    広いお玄関、雪の残る中庭には苔を起こす霜柱。
    奥までシンと冷たい空気が満ちている。

    案内されて進み、扉を開けると
    そこは温かな別世界。
    20畳ほどの洋室は270度窓が切ってあるのだけれど、
    床暖房になっていて快適な空間。
    背中のカイロを一枚、また一枚と剥いで
    何だかほっこりくつろいでしまう。

    ん?窓から見えるのは竹林。
    竹藪持ちの人、ここに発見!
    ずうずうしくも折りには
    切らせて頂けないかと伺ってみると
    快諾下さって、トントンと竹Getヽ(^。^)ノ
    筍堀もどうぞ、とのこと。
    ありがたやや。

    ビジュアルも初めての緑茶
    太平猴魁↓
    tyuugokutya・027_convert_20120207215554

    これは新潟村上の雪国紅茶↓
    koutya_convert_20120207215647.jpg

    日本のお茶生産の北限とか。
    葉の感じは紅茶らしくないけれど、
    北国で日照時間が短かく、タンニンが少ないので
    ほんのり甘いのだそう。

    パーケージもお洒落。
    あれれ?また蘭字ここにも。
    koutya・025_convert_20120207215726

    3回目。
    おもしろいですね。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。