スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自分軸

    02-19,2014

    清心会の見学に来られた方が
    ご質問は?の問いに

    長く茶道のお稽古をしている友人が
    お茶の世界には意地悪な人がいる
    と言っていたのですが本当ですか?

    と、意表をついたご質問。

    残念ながら
    世界中どこにいって何をしても
    どんなグループに所属しても
    意地悪な人はまあいるのでは。

    そもそも意地悪な人とは
    選択している世界が違うのだから
    くよくよと気にすることで
    自分自らその世界の一員に加わることはないし、
    意地悪の因果は必ずその人に返ってくるのだから
    そんな負の世界にフォーカスする必要は
    全くないのです。

    何のためにお茶をしているのか
    わからない人というのがいて
    その代表が意地悪な人。

    静寂がまずあって、
    その上で共に在るその空間が
    穏やなものであるように
    扇子の前で己を正す
    それが茶の湯の空間。

    清め清めることを繰り返す
    稽古をしているのに
    怨念を積み重ねていかがするか?

    茶の湯を学びたくて
    茶の湯の場にいるのであって
    和敬と言われる世界の中で
    人を好きとか嫌いだとか
    だからどうするとか
    そこに費やすエネルギーが勿体ない。

    中途半端に人に何かを求めると
    途端に行き詰まりが訪れる。
    しっかりと
    自分の軸を定めれば
    心が安定する。
    どんな心で何を大切にするか
    シンプルなことでいい
    しっかりと自分で決めること。

    意地悪な人は
    結局、自分にとって大切なものが
    分からない人なのかな。
    大分残念。

    別に茶の湯でなくてもいいから
    己の手で芯を育てていけば
    見る世界が違ってくる。
    意地悪な人でもまだまだチャンスはある。
    誰でも必ず
    それができる。

    懐石教室でも
    茶道を始めたいけれど
    茶道をしている友人が
    月謝以外に恐ろしくお金がかかると言うので躊躇している
    と新人さんが仰っていた。

    月謝以外に多額のお金って・・・
    そういう稽古場も確かにあるので
    それは否定しませんが

    どちらも
    茶の湯をしている人談
    というのが気がかり。

    茶の湯を続けているのは
    茶の湯が好きだから
    茶の湯の中に素晴らしいものが詰まっているからではないの?
    新しくその世界に入ろうとしている人を不安にしていかがする?
    茶の湯の何を見ている?

    摩訶不思議。








    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。