スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タナボタ。

    09-22,2011

    お彼岸にはおはぎ。

    春は牡丹餅、秋は御萩。
    それぞれの彼岸の季の花に見立てた
    和漢三才図会からの呼び名。

    夏は夜船、冬は北窓。
    言葉遊びでついた名前。
    お餅のようにペッタンペッタンと音を出さずに作るので、
    隣の人はいつついたかわからない
    夜は暗くて船がいつ着いたかわからないことから。
    月を知らない、つまり、月が見えないのは北の窓だということから。

    雅と言葉遊び
    夏と冬も面白く使い分けたい。

    作り置きあんこある、うるち米・もち米ある
    黄な粉・青海苔スタンバイOK。
    さて!

    とその時、
    ピンポンと送られてきた
    和久傳の季のお菓子・・・
    栗の葛焼と栗のわたぼうし↓

    wakudenn_convert_20110930142956.gif

    一口、ふんわり栗の香。
    二口、ほっこり栗の食感。
    京都の想い出の断片
    大徳寺の道、懐かしいなあ・・・

    遠くの人が思ってくれる
    しみじみ
    うれしい。

    温かくて混じりけのない
    心と身体にいいものが
    私の中に広がっていく。
    シアワセ・・・

    開いた口に牡丹餅。
    棚から牡丹餅。
    牡丹餅を作らずとも
    予期せぬ幸運到来。

    ありがとう。
    身体を大切に
    元気な赤ちゃんに
    春には会いにいきますね。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。