スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    地図が読めない女。

    10-03,2011

    越してきて初めて
    1人での遠出。
    主さま腰痛悪化のため、
    ちゃぶ台派の我が家もついに
    椅子生活に。
    先月下見した茨木のアンティーク家具屋さんまで
    テーブルと椅子を買いに。

    我が家の愛車にナビはついていない。
    主さまは地図でどこでもいける人。

    己を知る私としては
    どう考えても無謀な計画ながら
    経路を調べる。
    圏央道、関越道、東京外環自動車道、常磐自動車道・・・
    これだけ乗り継いでいかねばならぬ
    むむ・・・
    自分が走る方向の市町村がわからないため
    まず県の関係性から・・・
    えっ?そこからかい?・・・
    見かねて主さまが
    私向け乗継図を描いてくれる。
    うむ・・・さすが、分かりやすい。

    思えば大学1年の夏休み
    実家近くの教習所で免許を取った。
    あの時、近隣には高速道路がなかった・・・
    仕方なく遠出し、高速道路ならぬ取付道路を走って
    高速教習終了。
    その後も京都、神戸に行くくらい。
    もちろんナビの仰る通りに。

    全く土地勘のない関東
    波乱の予感をはらみつつ(というか確定)
    出発。

    主人のメモを握り締め
    間違いつつ人に教えてもらいつつ
    何とか到着。
    高知ナンバーのお陰か
    関東のドライバーさんは優しいな。
    何とか
    一日掛かりで無事帰って参りました。
    誰よりも自分がホッ・・・

    いやしかし
    行って良かった。
    暢気な私は窮して初めて
    自分の頭と身体に物事が
    入る。
    いつも物事をふわっとしか理解していないから
    こんな経験がもっともっと必要なのだ。
    40過ぎて生まれて初めて
    地図を真剣に見た気がする・・・

    主さま、ご心配掛けました。
    これに懲りず、また
    愛車と二人冒険に出かけます。
    ありがとう。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。