スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    幾山河

    11-04,2011

    先日飛来したのはアサギマダラだと
    山中先生から写メール。

    函館で放たれた蝶が南下して
    下関で捕獲された新聞記事を見たのだとか。
    四国にも来ていたのですね。

    多い時は、20羽が舞い降りていたのに
    藤袴の下草をそっと除くと
    旅立てなかった蝶たちの亡骸が↓先生撮影

    20111101101329.jpg

    調べてみると、アサギマダラは、
    春の北上、秋の南下を繰り返す
    日本で唯一の渡りをする蝶。
    綺麗で可憐な蝶なのに、
    遠くは台湾・陽明山まで飛ぶものもあるのだとか。

    北海道から宇和島まで
    小さな身体で、
    一体幾つの山河を越えて来たのだろう。
    力尽きて絶えた
    彼らの墓標は藤袴。

    先生はきっと毎年この花が香る度に
    この蝶たちのことを
    思い出されるのだろうな。

    ぬし知らぬ香こそにほへれ秋の野に
    たがぬぎかけしふぢばかまぞも  素性
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。