スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    心が亡いはない。

    12-13,2011

    毎日、朝は朝な
    夕は夕な、夜もまた
    美しい光をみつける。

    仕事の行き帰りにも
    毎日毎時自然は移って、
    新しい表情をみせてくれる。

    それを見つけた時の踊るような気持ちを
    書き留めておきたいと
    思うのだけれど、
    書かないといつの間にか
    瞬いた光も言葉も
    無いことになって
    彼方へ消えてしまうようで。

    忙しいのはいいこと。
    その間も心はちゃんとある。
    むしろ忙しいほうが
    心はたくさん動く。
    消えたと思うものは
    彼方にちゃんとあるのだろう。
    心は無限に奥深い。

    ただの独り言で
    限りある皆の容量を埋めていいものか
    と思うこともあったけれど、
    書くことはいいこと
    ブログを始めてそう思うようになった。

    ほぼ日更新を目指していながら
    お仕事がタイトになり
    パソコンの前に座れず。
    そうでなくても師走の私は
    時間の主ならず、時間の僕。

    震災の余波がホテル業界にも押し寄せ
    仕事が激減して、ベテランさんが大分転職されたようで
    需要が持ち直してきた繁忙期の今
    人員が圧倒的に足らないらしく
    まだ入って1ヶ月
    クロークをゆるゆるやっているはずが
    和服を着てのサービスや
    フルコースのサーブなどにも
    投入され、
    めまぐるしい日々を過ごしております。

    ホテルのサービスを学びたくて、
    入ったのだけれど、
    大臣やおえらい方もいらっしゃるので
    研修なしの本番はオソロシイ。
    大丈夫か?
    やれているのか?私。

    ふう。
    年が明けて落ち着いたら
    じっくり研修してもらいます。

    上手に撮れないのだけれど、
    躑躅の紅葉そして繊細な枯れ枝
    朝も夜もそれぞれの光の中できれい↓

    tutuji_convert_20111229010820.jpg

    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。