スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    旅枕

    03-24,2012

    高知支部の周年記念大会。
    高知でお世話になった
    お茶の先生のお手伝いの名目ながら、
    茶席などを回らせてもらって
    大したことも出来ずに
    一日を終える。

    この先生も忘れえぬ師の一人。
    学園を卒業して
    ずっと師につかぬまま
    引っ越した先で
    取りあえず淡交会には入ろうと
    裏千家に紹介頂いたのが
    当時の幹事長だった先生。

    お年を感じさせない
    物腰も会話も
    華やかで美しくて
    如才ない。
    おえらい先生が苦手な私だけれど
    この先生にはじきに
    心素直になれた。

    先生の一番好きなところは
    公正なところ。
    公、全体を見渡して
    最良のことをなさる。
    人の上に立つに相応しい資質をお持ちながら
    こういう方こそ一期で
    さっと退かれる。
    進退には人格の清廉さが出ると
    私は思っていて
    それは今回も合っていた。

    とにかくよく勉強されていて
    本当に細やかで完璧に
    物事に当たる方だけれど
    女性にありがちな
    自分を護ったり、
    我欲に囚われたり
    訳もなく人を気にしたり
    そういう狭い目線が一切ない。
    茶の世界では稀有な方だと思う。
    自分が不利になるようなことでも
    その場に流されることもなく
    堂々と全体のために言ってのけ
    行動されていた。

    華やかな外見と男前な内面。
    人物が大きいのだ。

    稽古も厳しかった。
    人から見て美しい所作
    これを徹底して稽古して下さった。
    ミリの単位で指摘される。
    一切妥協がなかった。

    一年と少しの短い間しかなく
    先生の眼鏡に叶う稽古にはならなかったし、
    何一つお役に立つことができなかった。
    今回の運営一つとっても
    まだ高知で稽古して頂いていたら
    先生のなさりようから
    お茶の世界に限らず
    勉強になることが本当に沢山あったと思う。
    茶の師という以上に
    私は先生の人格に惚れているのだろう。
    最後に送別の茶事にお招きして
    心残さず旅立ったつもりが
    もっとお側で学びたかった気持ちが強い。

    これまでの中で最も短い間の師であったけれど
    私にとって特別な師の一人。

    今回、先生より頂いた「旅枕」の茶杓。
    次回の帰省にはこれを持ち帰り
    ささやかな私の一服を
    心をこめて差し上げたいと思う。

    どうぞお疲れの残りませんよう。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。