スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    野生

    04-29,2012

    久々の晴れで
    昨日の洗車に続き屋外活動。
    自転車で隣町の自然観察公園へ。

    P1030045_convert_20120504175205.jpg

    自転車を置いて散策。
    蜥蜴が鋭く光って
    草間に消えていく。
    汗ばむ陽気、虫も出始め。

    私の好きな椚の樹。
    この樹には思い出が詰まっている。

    虫捕りに夢中だった頃、
    昼間に目ぼしい椚に餌を塗り付け
    暮れてから
    意気揚々と出かけていく。
    カブトやクワガタ虫
    どれだけ捕ったか分からない。
    腐葉土を掘り返せば
    卵や幼虫も出てきた。
    樹に来るカナブンは糸をつけて振り回し
    触覚が大きくてガッチャガッチャ歩く
    カミキリムシを飽きず眺めた。

    そして強い女郎蜘蛛探し。
    勿論手で掴んで連れて帰る。

    虫の採集は飼うためではなく
    友達のと戦わせるため。
    蜘蛛はすごすごと逃げるクワガタなどと違って
    最後は相手の糸にぐるぐる巻かれて餌になる。

    子供の頃、虫が可愛そうだとか
    花がきれいだとか感じたことはなかった。
    世界には知らないもの、
    好奇の対象が溢れていた。
    残酷なことをたくさんしたと思う。

    可愛そうとか
    綺麗だとか
    そういう感覚はいつ
    何処から来るのだろう。
    借り物や代弁ならいらない。
    子供時代からそれをもっていなくてよかった。
    感情は獲得していくもの。
    経験から自分で学び育んでいくものだ。
    幸せな時代だったのかな。

    夕闇が迫ると
    幾つもの目玉の気配。
    ここにもちゃんと
    野生はある。

    ここに来ると何かが元に戻って
    細胞がすっきりする。
    チャージ完了。

    kouenn・convert_20120504174834
    スポンサーサイト
    舌触り |TOP| 春尽

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。