スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大きすぎる・・・

    07-24,2012

    大したこともしていないのに
    恐縮ながら
    お寺の大黒さまがお礼と称して
    主さまと二人、
    夕餉にお誘い下さる。

    近隣でおいしいお店はと伺うと
    必ず名前の挙がる
    お高めらしきおすし屋さん。
    私達は小心な夫婦なので
    二人でご馳走になるのは気が引ける
    ということで
    さっと出せるように
    封筒も忍ばせて出かける。

    車で40分ほどの小さなお店。
    暖簾を潜るとムードたっぷりの大将が
    カウンター越しに迎えてくれる。

    寿司は鮮度。
    仕事のきれいさ。
    それは勿論、場の清潔さとして
    現れていなくてはならない。
    お掃除は物凄く大切な要素。
    素材も仕事の清さもごまかしが利かないのが
    寿司だと思う。
    総桐のカウンターに座ると
    温かいお絞りがさっと出て、
    きれいな葉蘭が置かれる。
    ネタ箱も桐。
    気持ちよく頂けそうな予感。

    車なので、主さまだけお酒を頂くことにして
    途中から合流された
    美形ご一家のこれまた超イケメン
    大黒様のご次男さん、
    4人それぞれの進み具合と
    好みを目配りしながら具合よく
    握ってくれる。
    お酒に合わせて刺身や燻製など
    つまみも気配りして下さる。
    どれもしゃりの小さい、
    細部まで行き渡った丁寧な仕事。
    久しぶりに食事をした
    という感じ。

    ご存知、私は普段外食しない。
    カフェとか一切行かない。
    都内に出かけても一人なら
    飲まず食わずで帰ってくるような人。
    別にグルメではなく
    お店を知らないのと、
    中途半端なものを食べるなら
    食べないでいいというだけのこと。

    外食するなら専門店がいいし、
    おいしいお店がいいし、
    プロの仕事を丸ごと見たい。
    緊張したり、ワクワクする気持ちを楽しみたい。
    そういうところで気持ちよくお金を遣いたい。

    この地に住んでようやく一軒
    プロの仕事に出逢えた。

    結局封筒は受け取ってもらえず
    ご馳走になってしまった・・・
    ささやかな高知名物を手配することにします・・・

    大き過ぎる返礼。
    ほんとうにご馳走様でした。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。