スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    香りの記憶

    05-17,2011

    上野の森。
    上京の折はほとんど必ず訪れていた場所。
    相変わらず、大きな樹。走る風の音。
    本日の目的は芸大美術館です。
    香り かぐわしき明宝展に行ってきました。
    胸がきゅんとなる・・・
    おおらかなもの、自由なもの
    間のいいもの、繊細で端正なもの
    自然という本物にはもちろん比べられないけれど、
    解釈を遠ざけたい私の心に落ちてくる、
    人の手を経てもなお美しいものがある。
    そんなものたちに触れると
    少女のように胸が苦しく苦しくなるのです。
    手の中に入れて
    感触を確かめたい、そんな衝動にかられます。

    私の生まれた町は
    四国の伊達家のご城下。
    ご存知の方は少ないのですが、
    戦後、各藩の宝物が散逸する中で、
    香に関するものが現在も沢山所蔵されています。
    伊達政宗は、武のイメージが強いですが、
    貴族の間でも知られた伽羅人でした。
    宇和島伊達藩初代藩主は正宗の長男の秀宗ですので、
    香木も一部受け継がれているのです。
    今回の展示にもありました一木四銘の名香。
    経緯は諸説あるので記しませんが、
    一つの香木に「白菊」、「柴舟」、「蘭」、「初音」と
    これも諸説ありますが、四つの銘がついています。
    正宗は「柴舟」と名付けました。

    伊達家の香についての書籍を少しお手伝いさせて頂いた関係で、
    この柴舟を、先代のご当主さまとご一緒に、伊達家のお庭天赦園にある、
    書院式茶室の潜渕館にて聞かせて頂きました。
    十人余りの会でしたので、本当に幸運以上でした。
    その折の記録です。↓
    kounoki_convert_20110519135043.gif

    私の持っていた勝手なイメージを砕いてくれる香り。それは胸のうちに。

    香そのものの内に内在する美。
    やはり私は消えてなくなるものに惹かれるようです。
    この展示を見て懐かしく思い出しました。

    お香は敷居の高いイメージですが、
    少数の方だけの楽しみになっていることが勿体無いと心から思います。
    私の故郷は田舎の小さな町ですが、その町に住む人は大人も子供もみんな
    「お香?聞いた(香木をかいだ)ことあるよ」
    なんて気軽に答える町になったらいいな
    ずっとそう思っています。
    おそらく次に生まれ変わってももう香木は絶えている
    だから、今生の命あるうちに
    たくさんの香りと出逢いたい。
    切にそう願います。

    datenomiyabi_convert_20110519135111.gif
    スポンサーサイト

    COMMENT

    なんてうらやましい^^
    5月のこの芸大美術館の香の展覧会、
    雑誌の小さな記事で見つけて
    行きたくてたまらなかったんです!

    私が香を学ぶ目標のさいごに
    決めているのは 献香なんです。
    まだまだ道は遠いですが

    今はもういない方が
    遠い古に体感したことと
    ほぼ同じことを
    体感できることって
    歴史を学べば学ぶほど
    はっきりとした形では不可能だと痛感。
    でも 香は とても近い形で
    時間を越えて 
    肉体のない人そのものの意識に
    近づける
    なんというか精神世界に
    つながっているのでは
    なんて これはわたしの
    妄想ですが^^

    所作やお手前を超えて
    いつかそういう虚無に行って
    会いたい方がいます^^

    いい本をご紹介いただきました!
    さっそくさがしてみます!


    2011/05/20(金) 09:19:41 |URL|ハーブママ #JalddpaA [EDIT]
    こちらでない何処かに届く3つのもの。
    それは香・花・灯
    そう伺ったことがあります。
    伊達の香遊びを教えて下さった先生が
    献香の儀をなさいました。
    その方が書いたのがこの
    伊達の雅
    という本です。
    ご興味がありましたら、
    こちらから送って頂けると思います。
    多分アナログなので
    お電話がいいかも。

    伊達文化保存会↓

    http://www.weblio.jp/content/%E5%AE%87%E5%92%8C%E5%B3%B6%E4%BC%8A%E9%81%94%E6%96%87%E5%8C%96%E4%BF%9D%E5%AD%98%E4%BC%9A

    虚無にいってあいたい

    そういう縁を得られる幸せもありますね。

    高知では時間が足りなかったけれど、ようやく貴方さまと
    出逢ったという気がしています。
    2011/05/20(金) 11:04:17 |URL|wagennaigo #- [EDIT]

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。