スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    対価

    05-25,2011

    展示会盛会のうちに無事終了。

    人が丹精込めて生み出したものは美しい。
    趣味に適う云々を超えた納得がある。
    美しいと思う仕事がそこにある。
    そしてやはりそれには相応の対価がついている。
    必ずそうでなければならないのだと思う。

    お着物の仕事を垣間見ながら
    そこにいかに細かな仕事があり
    いかに多くの人間の手が関わっているかを知る。
    古から手を掛けて磨かれ伝承されてきた技術の
    ひとつひとつの工程を経て出来上がった一箪の反物が
    お客様の目に適い、
    まずはゆのしの業者さんに出され、
    紋入れの業者さんに出され
    八掛を染める業者さんと細かな色をやりとりしながら決め、
    縫子さんに回る。お好みを微調整しながら縫い上げ、
    無地ならば染め色の微妙なところのやり取りがあり、
    小紋ならば最良の柄合わせを苦心し、
    コートや羽織なら裏地の色柄まで吟味し
    帯や小物との合わせがあり
    ようやくお客様その方だけの
    その時期とお気持ちに添った物語が
    着物に結実する。

    沢山の工程と人の手を経て
    自分と縁を結び、親から子へ孫へ
    染め替え形を変え命をつなぐ
    究極のオーダメイド。
    着物は物にしか過ぎない。
    でもそこにも出逢い繋ぐという幸せが確かにある。

    京都に住んでいた時
    町路地には小さな機屋さんがあって、
    機の音を響かせていた。
    本当に小さな家内工業で
    住宅街の中にぽつりぽつりとあった。
    今もあの機の音は聞こえているのだろうか。

    今はお着物の世界にも価格破壊の波が来て
    安い着物というものが
    売られるようになった。
    海外で技術を教えて作られたものも沢山ある。

    買う者にとっては商品は安いに越したことはない。
    それもまた自然なこと。
    私だっていいものが手ごろなら
    こんな嬉しいことはない。

    だけど、ハタと立ち止まる。
    全ての仕事の向こう側には人がいる。
    人の生活がある。
    時代=消費者=私達が、生き残る仕事を選んでいる。
    選ばれなくなった仕事は
    それまでどんな歴史と伝承があったとしても
    時代から消えてなくなる。
    それを生業としていた人はそこから去るより外はない。
    現代社会はそうやって
    消費者のためにコストを下げてきた。
    そしてそれはみんなにとって幸せなことのはず・・・
    で、そこから大きく後戻りすることはない・・・
    のだろう。

    だからこそ、
    安さに対して傲慢な気持ちを持たないでいたい。
    得をしたと思うことほど危険なことはない。
    忘れがちになるけれど、
    自分の手元に与えられているものに
    無邪気でいてはいけない気がする。
    仕事に対する尊敬と対価。
    人の仕事のみえる化を
    自分の想像力で常に常に補っていかなければ。
    いい仕事には対価を払おう。
    お金のある人は誠のある善いものを買って
    その仕事を遺してもらいたい。
    そしてせめて
    得をしたいなんて永遠に思わない私でいたい。

    与えられている仕事にも
    消えていく仕事にも
    感謝と敬意を持って。


    お客様たちの素敵な振る舞いに
    学ぶことの多かった3日間。
    会場がホテルのスイートばかりのフロアだったため
    他のスイートにご宿泊の方の様々も見聞きして
    考えることも多かった。
    品性とはお金とか地位には全く関係ないことを
    再確認。

    足元のお悪い中、お出かけ頂いた皆さま
    ありがとうございました。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。