スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    王妃のお茶

    10-13,2012

    初・日暮里。
    本日は、
    家にも来て下さった

    http://wagennaigo.blog97.fc2.com/blog-entry-358.html

    ティーアドバイザーのIさんが
    紅茶の講座をもたれるとのことで
    芦屋奥様とお出かけ。

    時間より早目に待ち合わせて
    ランチと日暮里散策。
    下町情緒たっぷりな商店街。
    揚げたて焼きたての匂い
    食べ物屋さんを始め
    生活に必要なものが並ぶ
    昔ながらの商店街。
    観光客風の外人さんもたくさん。
    ボランティアガイドのおじさんが
    街の歴史や偉人縁の史跡を教えて下さる。

    セミナーの時間前に会場のティーハウスへ。
    イギリスから建材を輸入して建てた
    オーナーのこだわりの詰まったサロン。
    一枚一枚収集したミントンのタイルが階段に
    デザインされていたり、
    調度も雑貨も英国そのまま。

    今回のテーマは
    「薔薇づくしのティーテーブル」
    二人の王妃にささげるティーテーブルなのだそう。

    こちらはイギリスのヴィクトリア女王のテーブル。
    ロイヤルアルバートの「オールドカントリー」が華やか。



    階段を上がると
    オーストリアのマリア・テレジアのテーブル。
    アウガルテンの「マリアテレジア」と伝統菓子クグロフも。




    優雅なテーブルを拝見して
    ティーセミナー.



    Iさんは会社員としてお仕事に励みながら
    こうして紅茶の勉強を積み重ねておられるがんばり屋さん。
    彼女のコーディネートの先生も駆けつけていらっしゃって
    するどい質問を連発。
    それにきちんと誠実に応える姿がまた素敵でした。
    彼女の入れてくれるお茶は
    人柄そのまま誠実でバランスがよくて外れがない。
    ごちそうさまでした。

    帰りにさっきみつけた和栗屋さんで
    栗の餡蜜に舌鼓。
    並んで待った甲斐のある、
    接客含めよいお味でした。
    お腹いっぱいでも入るもんです。

    またゆっくり散策したい日暮里。
    おかげさまで
    少しずつ行動範囲が広がっていきます。

    オーストリアで釜を訪れて購入した
    アウガルテンのティーポットとプレート。
    久しぶりに出して、
    今日頂いたスリランカのお茶
    飲み比べてみよう。

    Iさん、ありがとう。
    おつかれさまでした。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。