スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    菫の衣

    02-06,2013

    大殺界コワイ・・・
    びびりの私
    前回を教訓におこもりさんになるのか
    9年サイクルの始まりの年に
    種まきに勤しむのか
    立春も過ぎ、
    ゆく方向を定める時。

    自分の頭の上に天に繋がる穴があって、
    それは子供の頃はいつも開いていた。
    ものすごく多くのことを感じ
    考えていたけれど、
    大きな安心のようなものが
    底に広がっていて
    疑問を疑問のまま持っていることもできたんだ。

    頭で様々ことを考えようとして暮らすうちに
    その穴がいつの間にか知らず閉じていて、
    そして私には長く迷う癖がついた。
    穴のこと、穴と天がつながっている感触
    全部忘れてしまっていた。
    穴のことを思い出して
    もう一度天に向かってその穴を開いた。大きく。
    だから、今もまだ開かれている
    はず。
    一回確かに開けて
    存在を思い出しているのだから
    閉じかけたら分かるはず。
    いつの間にか一番大切な自分自身を
    なくさないように。
    天と繋がるこの確かさを見失わないように。

    魂の世界には多分、
    大殺界は関係ない。
    あくまで自分自身の学びの世界が
    そこにあるだけで。

    そう私は学ぶために今生に生まれた魂。
    とぼれんちんはもう仕方ないし、
    聡明に向かってひとつでも進むだけなんだ。
    前回の悲惨な経験も
    自分の未熟さゆえのこと。
    怖いならそこから学ばねば。

    畏れずキリリと緒を締めて
    がんばり貪欲に楽しんで
    自分を満たしていこう。
    更なる出逢いを喜ぼう。
    心配癖にさよなら
    能天気でいこう。
    学ぶのが楽しいから
    喜んで学んで皆に分けよう。
    ずっと与えられ続けてきた。
    こんどは私が与える人になるんだ。

    今日FUJIさんから
    菫の衣をもらった。
    畏れにバイバイなのだ。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。