スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小室の浜

    03-24,2013

    ごふく美馬さん東京展。
    今回もキャビトル東急
    山王スイートにて
    20年目の感謝の会。

    エントランスの花が
    展示会にあわせたように
    桜に生けかえられました↓
    もちろん生花です(念の爲)

    P1050575_convert_20130408165050.jpg

    ご奉仕のお品と新作
    単衣夏物も取り揃えて
    見るもの一杯の三日間。
    今回もこちらで
    お呈茶をさせて頂きました。

    毎回、足をお運び下さるお客様に
    美馬さんは心入れのお土産を
    ご用意されていて。

    今回は、松鶴堂さんの「小室の浜」。

    お大師様が小室の浜に庵をむすび
    桜を植えられた。
    花の頃訪れると散っていたので嘆いていると
    磯の貝が一様に桜の花片になった

    四国霊場三十七番札所 岩本寺の
    七不思議「桜貝」として言い伝えられる
    この逸話に因んで
    浮島生地を浜辺に
    大納言を磯の貝に見立てた樟物。
    好きな大きさに切って頂きます。

    貝が瓣になる
    春らしい素敵な逸話、
    時候もぴたり。

    加えて松鶴堂さんは
    社長のご自宅近く
    高知四万十町にあるお店。
    若い跡取りさんが
    末富で修行して帰られたのだとか。
    勿論、社長の鋭い選眼をクリアしてのことだけれど
    これと思えば
    応援を惜しまない
    社長の心意気も伝わるセレクト。
    私もこちらの主菓子を
    高知でのお別れの茶事で
    使わせて頂いたことを思い出した。

    社長は毎回、私にも
    お客様へのお土産を一つお裾分け下さる。
    帰ってお茶を入れ
    主様と頂いてびっくり。
    しみじみと
    おいしい。
    何というか清潔で誠実なお味。
    全国で言うと
    無名の菓子舗だろうけれど
    まちがいなく
    銘菓です。

    久しぶりにお菓子で感動・・・
    ごちそうさまでした。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。