スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    贅沢な時間

    05-07,2013

    懐石教室。

    向付は伊佐木の錦紙巻き。
    巻きすの上に薄焼き卵・焼き海苔
    伊佐木を並べて茗荷の甘酢漬けとあさつきをのせ
    しっかりと巻く。
    甘めの酢醤油をゼラチンで固めて
    ジュレにしたもので頂く。
    とても当日
    向付けにこんな手間をかけられない。
    でもおいしい・・・
    主さまも好きだろうな。
    こういうのを茶事の最中に
    ちょちょいと作れる心の余裕が
    いつかできるといいな。

    汁まで手間隙。
    赤だし味噌と白味噌を混ぜ
    朴葉に挟んでグリルでこんがり焼く。
    香ばしくなった味噌を朴葉から外して
    だし汁に溶いて追い鰹。
    種は芹豆腐。

    椀物は真蒸地を流し缶に伸ばして
    串を打って茹で腹開きにした海老を乗せ
    押さえ蓋をして蒸した末廣真蒸。
    末廣は畳んだ扇の形を言う。
    あしらいの新牛蒡は管牛蒡に。
    金串を使って牛蒡をくりぬく。
    美味しい皮の方を使う。
    こちらも暇がかかるけれど
    どうやってくりぬいたの?
    と気付いてくれると嬉しいな。

    進肴はグリーンアスパラ・ホワイトアスパラ
    赤と黄色のパプリカを使った
    鮮やかな湯葉胡麻かけ。
    ご近所スーパーにはホワイトアスパラ
    ないなあ
    強肴のサイズの良い小茄子もナイ。
    少し足を伸ばして
    調達先を開拓しなくては。

    魳に床節、蛸の子
    先生の扱う素材は全く物が違って
    見ただけでもうおいしいとわかる。

    ずっと振替えて行けていなかった自分のクラス。
    春に学園の研究科を卒業された方のお話を
    楽しみにしていたのだけれど
    何だかあまりよろしくなかったようで。
    お話を伺って少し寂しかった。

    私はいい時期に
    いい仲間に恵まれたのかな。
    行かなくたって求めれば
    充実した稽古はきっとできるだろうし
    茶が実践の中にあるならば
    おそらく学園に行くことに意味はない。
    何のために?と問われても
    ただの我がままでも
    それでもそこで学べることは幸せだ。
    人生でこれ以上の贅沢な時間はなかった。
    そして、そこで出逢った
    お茶が好きでたまらない人たちが
    日本中に散らばって
    どこかでその人の茶をしていること
    自分も自分らしく茶を学び伝える
    刺激の元となっている。
    私は共に学んだ茶友が本当に誇らしい。

    懐かしい先生のお名前も出て
    お元気で教えていらっしゃるご様子も
    嬉しかった。

    人生も人もいろいろ。
    人それぞれ必要な場所が違う。
    物事それ自体に
    いいも悪いもないんだ。
    スポンサーサイト
    一枚の絹 |TOP|

    COMMENT

    私も、あんな贅沢な毎日はなかったと今でも思います。そしてやはり茶友に恵まれたよね。茶以外の事も色々と学べた、意味深い時間でした。これからも友達でいてね!
    2013/05/29(水) 10:36:48 |URL|Yuki #- [EDIT]
    もちろん! 最高のメンバーだったね。
    yukiさんやみんなとこうして続いていくことは必然であり、
    やっぱり奇跡でもある。
    同期で出逢えたのは偶然だけど、
    逢えてほんとうに幸せ。
    神様に感謝だね。
    お子ちゃま達の成長も楽しみにブログみてます。
    帰国したらまた連絡してね!
    2013/05/29(水) 10:52:45 |URL|wagennaigo #- [EDIT]

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。