スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    思いに応える。

    09-24,2013

    美馬さんの東京展。

    お祖母様の好きだったという
    花を模した着物をお探しのお客さま。
    戦乱の中、早くに亡くなられて、
    話伝えだけで知っている
    お客さまも会ったことのないお祖母さま。
    花からお人なりを想像してみる。

    一つの花でも描き方、色や柄の配置
    捉え方で随分イメージが変る。
    そのお客さまにお似合いになると
    こちらがイメージするものではなく
    お客さまがうっすらと描いているイメージ
    手探りでそれに適うお品を探し当てる。
    どうぞよい出逢いがありますように。

    着物を求めるとき
    様々な動機があって、それぞれの出逢いに
    感動が添う。
    思いがあってのお買い物。
    様々な物語が瞬いている。
    そういう場にそっと立ち会えるのは嬉しいこと。

    今回もお煎茶の先生に頂いた単を着た。
    もうお亡くなりになってしまったけれど
    先生から頂いたお品を手に取ったり
    こうして身につけると
    その時の場面、会話やお顔まで蘇ってくる。
    そして、可愛がって下さったことに
    しみじみと思いがこみ上げる。

    好きなものを仕立てる楽しみもあり、
    下さった方や場面を思い出して纏う楽しみもまたある。
    お着物は本当に素敵。

    美馬さんの展示会に合わせたように
    エントランスの花が
    紅葉に生け変えられた。

    今回も素敵なお品ばかりで
    会場全体が夢のように美しかった。
    幸せでした。

    感謝。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。