スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    雪月花の友

    03-06,2014

    P1070915.gif

    大切な茶友ご夫妻を
    拙宅にお迎えする。

    友と言うには僭越ながら
    雪月花の友と言うのを許して下さる
    私の両親より少しお若いくらい
    京都時代、学園研究科の同期ではあるけれど
    人生の大先輩でもある。

    京都を離れ、
    友は神奈川へ
    私は愛媛から高知へ
    それぞれの地に戻った。

    主さまに連れられて
    人生初の関東に住むことになり、
    右も左もわからない中で
    学園時代の茶友にどれだけ
    勇気づけられたかわからない。

    その大きな一人が
    奥様を連れて遠路来て下さった。

    稽古場にお邪魔したり、
    初釜に呼んで頂いたり
    花月や茶事の勉強会のメンバーにご紹介下さったり
    こちらでの茶の道に
    手を引いて導いて下さった。

    また、昨年一足先に
    マンションをリフォームして
    茶室を作られたので
    こちらの相談にも乗って下さり、
    ご自身やお子様方が
    主さまと同じ大学出身でもあるので
    ご紹介方々主さまもご一緒にとのことで
    本日の運びとなった。

    茶懐石で粗飯をご一緒し、
    茶室にて薄茶。
    最後は香あそび。

    奥様が見事に遊ばれ
    いつもながら
    慎み深く聡明ななさりように
    伴侶の度量を教えられる。

    本当に素敵な人生の先輩ご夫婦。

    同じ時期に京都で学べたこと
    ご縁が続いていくこと
    神様に感謝するばかりです。

    鑑のような奥様と
    キャラは大きく違えど
    私も爪の垢くらいはガムバリマス・・・









    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。