スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    春風を誘う

    03-08,2014

    本日は茶飯釜茶事にお呼ばれ。
    様々な流派の方とご一緒できる
    刺激的な場でもあるので
    毎回伺うのが楽しみ。

    茶飯釜は20代の時習っていた先生のところで
    初めて経験した。
    おくどさん世代のマダム方が
    沢山いらして
    聞こえてくるご飯の声が
    時と共に変わることにびっくりしながら
    ご飯の香りが茶室いっぱいに満ちる中
    全員が笑顔になった。

    すぐに茶飯釜と鎖一式をを買いに行き、
    大工さんに頼んで天井から
    釜蛭釘を仕込んでもらい、
    自宅でも挑戦した。

    飯が炊けて茶も飲める
    一人二役、これさえあれば
    みんなの笑顔も頂ける。
    茶事の楽しみが万倍になる
    好きな釜のひとつだ。

    清心会でも月末に
    茶飯釜の稽古茶事をするので
    ご飯の声を聴けるか
    いささか心もとない気もして
    おいしいご飯を死守するために
    懐中時計を片手に
    炊きあがりまでのそれぞれの時間を
    記録してみることに。

    火吹き竹を吹いたり
    時間を計ったり
    湯炊きなのであっという間に炊き上がる。

    炊き上がり迄に
    和歌を詠む場合もあるので
    前の晩に寝床にメモを持ち込んで
    一首ひねっておいたけれど
    披露の機会はなかった。

    歌を詠むなどをすると
    みんないらっしゃるのを敬遠してしまうそうで
    私みたいな若輩は
    恥をかいても頭をかいて終わりだけれど
    そうもいかないのかな。
    短冊に絵のように自分の名前を
    認めてすり抜けるなんて
    粋ななさりようも
    こういう会だからこそ
    ぜひ拝見してみたいけれど。

    おいしいご飯に感嘆し、
    並々とつがれる美酒を
    御調子に乗ってさしつさされつ
    こちらの会は必ず千鳥の盃ありなので
    総量も結構頂き
    ほろ酔いとなって
    詰の仕事も抜けてしまった・・・
    反省。

    釣釜の風景はいつだって
    春風を誘う。
    帰ったら早速
    釣釜を掛けて窓を放とう。

    おいしいお招き
    ありがとうございました。






    スポンサーサイト
    兆し |TOP| 雪の蔵

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。