スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    立ち塞がる

    04-15,2014

    本日はお香の稽古へ。

    花宴香。
    花・宴・詩・扇の4種の香を
    2包ずつ8包用意し、
    3種を1包ずつ試み
    残り6包を混ぜて
    2包ずつの組にして
    聞いていく。
    お答も組にて。

    聞きの名目は
    南殿の桜
    霞める月
    三ツ口
    朧月夜
    春の鶯
    小笠原

    書き連ねるだけでも雅のイメージ。
    イメージだけで教養が加わらない自分が
    いつもカナシイ・・・
    三ツ口って?
    弘徽殿の本殿の三つ目の入り口のこと。
    小笠原って?
    いづれぞと露の宿りをわかむまに
    小笠原に風もこそ吹け
    光源氏の歌よりとられてる。
    ああ・・・またもや
    私の前に立ちふさがる源氏物語・・・

    2種目は菜摘香。

    籠もち み堀串もち この国の菜摘む子よ
    家なのらせ 名なのらせ

    雄略天皇の御歌を証歌にした組香。

    天皇が菜摘む少女に「お名前は?」と
    聞いている微笑ましい春の風景
    ならいいのですが・・・
    源氏物語臭が漂うと途端に爛れてくるなあ

    いずれにしても
    何をするにせよ
    場に少し慣れてくると
    自分の教養の足りなさに愕然とする
    準備は自分でコツコツするしかないと
    分かってる
    そう思いながら人生半分来てしまった・・・

    この組香を作った方はもちろん
    共に遊んだ方々も全て
    ツーと言えばカーでベース部分の教養を
    同じくしているから
    もう何段も上の「楽しい」を共有していたのだろうな。

    組香のよさは
    香木の鑑賞のみにあらず
    物語と言葉の豊かさまで
    吸い込めること
    香りだけでない部分を
    もっと手繰り寄せることができればいいなあ

    どんな道でも
    奥に行けばいくほど
    楽しくなる
    奥に行くという動機には
    好奇心だけでなくて
    ベース作りも欠かせない。
    それがない「楽しさ」は
    まだまだペラなんだろう。
    まあ、浅くとも心地よいわけですが。







    スポンサーサイト

    COMMENT

    私からすれば貴女も教養溢れる素敵な方なのですが。レベルが低くて失礼。
    香の世界は雅の極みだと思います。能の世界も歌を知らなければならないし、今からでも古今、新古今、万葉集など読んでおきたいと思うものの、日本に帰るたび、本を入手するのを忘れてしまいます。
    いつも貴女の文体に溢れる素敵な空気感に癒されたり気づかされたりしています。
    2014/05/13(火) 06:19:17 |URL|Yuki #- [EDIT]
    ちなみに私も源氏物語、どうも馴染めません…。これが一巻ずつ違う殿方の話ならいいんだけど。
    2014/05/13(火) 06:24:18 |URL|Yuki #- [EDIT]
    コメントありがとう!男女のすったもんだに全く感情移入できずの源氏物語・・・私も馴染めなかった一人。でも、香十の社長さんから「源氏物語は香の物語」ということを伺って、そういう視点で読んでみると違う読み方ができるのかと。
    パソコンを買い替えた為、YUKIさんのブログがわからなくなってしまったので、PCの方にアドレス送って下さいませ~
    帰国したら連絡してね。
    2014/05/13(火) 23:37:58 |URL|wagennaigo #- [EDIT]

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。