スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    夏の扉

    06-01,2014

    水無月お朔日。

    CIMG0632_convert_20140621202705.jpg

    神棚を整え
    香飾りを掛け替える。
    御簾を出して、夏座敷の室礼。

    CIMG0618_convert_20140621202639.jpg

    雨の季は閑座の季
    床には
    鳥啼山更幽

    CIMG0636_convert_20140621202747.jpg

    虫捕りに夢中になって
    草木をかき分け山に入った子供の頃
    身体の芯で覚えている
    色と静けさ
    私から離れないテーマ。

    鳥によって破られた深山の静寂
    一声の後に戻ってくる静けさ
    人は満ち満ちている中に生きて
    そこに在るものに気づかない。

    当たり前はない。
    いいことも悪いことも
    何かあるからこそ
    今の自分の場所が冴え冴えとする。
    自分と他が見えてくる。

    幸せには傲慢が潜んでいて
    時々そいつをきちんと追い出しておかないと
    自分の真を見失う

    鳥が鳴くほどの何か
    辛いスパイスも必要不可欠。

















    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。