スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今の今

    07-12,2014

    引次をお許し頂いた時から
    自分のために教え始めなさいと先生に言われ、
    稽古道具などを整え始め
    30歳で茶名を拝受して
    仕事の合間にご近所の方々に教え始めた。
    教えることによって教えられる
    愛媛でもこちらでもそのことを実感する。

    人生において良くも悪くも
    人のことをあまり見ない私だから、
    教えることで
    人をしっかり見る稽古をさせてもらっている。

    稽古をつけることは
    生徒さんを客観的に見ることから始まる。
    その方の身体の綺麗なところを活かして
    よりその方がきれいに見える形を探す。
    点前手順は積み重ねるしかないし、
    その方らしさというか人柄のようなものは
    自ずと出てくるので
    私が手を付けることでもない。

    同じ点前をしても
    一人一人その方らしさが必ず滲み出る。
    誤魔化せない相。
    隠しても現れ出ている。
    本当に怖いことだといつでも思う。

    時折、ご自身の評価がとても低い人がいらしたりすると
    客観的に見て全くそれは当たらないですよ
    とどんなに申し上げても
    思い込んでいる当人になかなか届かなかったりする。
    自分は不器用だとか
    過去に何かそう思う出来事があったのだとしても
    それは今この時のこととは違う。
    人の思い込みは本当に強いものだと気付かされる。
    そして、それが私自身の学びともなっている。

    人に対して謙虚なのは知恵。
    でも、
    自分に対して謙虚である必要はないのだ。
    自分に対しては公正に
    平らかに見てみる
    過去でも未来でもない今の今
    それ以上でもそれ以下でもない
    いいところ
    すきでないところ
    そこに何かジャッジはいらない。

    自分でいることは
    訓練なのかな
    浮つかないで思い込まないで
    ノイズに翻弄されないで
    丹田にある己
    今の今に座ること
    点前手順の前にまずそれがある。

    いいも悪いもない
    ありのままの自分を感じられれば
    それはとても気持ちいいこと。
    全てはそこにあってそこから始まる。

    そう心して今日も座る。


    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。