スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小袖

    09-26,2014

    キャピトルにて美馬さんの東京展。

    日枝神社を臨む
    スィートのエントランスには
    白秋。

    CIMG0172_convert_20140930204457.jpg

    小袖と呼びたい訪問着。

    金の箔は風か
    ちらりと舞い散る葉は
    一枚も同じものがない。

    設えてある
    会場のレイアウトを
    美馬さんが整え始めると
    途端に一つ一つが際立って
    場が収まる。
    お客様の目に触れることのない
    開場前の
    こちらも美馬ジック。

    お呈茶を担当させて頂きながら
    お抹茶とは限らず
    アンテナの高い美馬さんセレクトの
    お菓子に合わせたお茶をお入れする。
    今回は四万十地栗を使ったモンブラン。

    昼夜の気温差が大きい山場で育てられた
    糖度の高い栗故、お砂糖控えめ
    自然の栗の甘さを感じられ
    生クリームでまろやかに
    何というか
    眼に深山が浮かんでくる
    やっぱり素朴で誠実なお味。
    これ以上でもこれ以下でもない
    量もまたよし。
    こうして四国で育まれたものを
    ご紹介できるのも幸せなこと。

    お菓子に合わせて
    今回はTWGの紅茶をご用意。

    CIMG0170_convert_20140930204439.jpg

    TWGのダージリンは
    ファーストフラッシュのブラックティー。
    お甘に合わせるにはちょっと優しいので
    アールグレイをセレクトした。
    すっきりとしたわかりやすいブレンド。

    紅茶のパターンは初めてだから
    ドキドキしながらお出しする。
    お菓子の美味しさが十分伝わりますように。

    美しい手仕事の
    誇り高い受け渡し
    私はこの場の中にある
    張り切った一筋の銀糸のような
    芯の伸びる何か
    それは美馬さんだけのものではない
    真摯なものの集積
    この空気がもう癖になってる
    京都の老舗問屋様方の
    考え方為し方にも
    教えて頂くばかり。

    恐ろしく贅沢なことだといつも思う。
    至福の3日間始まり始まり。









    スポンサーサイト
    背中 |TOP| 裏打ち

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。