スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    幸せな箪笥。

    09-28,2014

    お客様と美馬さんの会話を聞いていて
    思い出した。
    幸田文さんの箪笥を真似て
    仕立てた着物。

    紺地の縞で紅絹裏。
    本来は、ウコンで下染めしたものを紅花で上染めして
    この色を出す。
    紅花を揉んで染めることから「もみ」と呼ばれる。
    現在でも赤パンツが密かに流行しているけれど
    昔から何にも変わらない、
    紅には魔除けと薬効があると信じられてのこと。

    地味な表地から揺れて見える
    その鮮やかな赤が
    何となく気になるようになって
    ずっと着ていないのを
    引っ張り出してみる。
    こちらに持って来ていたんだな
    この八掛は本物の紅絹ではなく
    おそらく化学染料で染めた
    なんちゃってながら
    懐かしい。

    初めての着物から
    折に触れて母は私に
    着物を仕立ててくれた。
    私の頃はみんなそうやって
    結婚までに一通りの支度を
    娘にする時代だったと思う。

    就職してからは自分でも
    ボーナスを頂く度に
    海外に好きな絵を見に行くか
    着物を作るか
    いずれそれは茶道具へと移っていくのだけれど
    20代の数年間は自分なりに
    着物実験をしてみた。

    30歳を過ぎて
    訪問着を一枚ということになり
    白地に墨書きの牡丹が描かれた
    母の着物のようなものがいいと言って
    私の好きな花を墨書きで描いてもらうことにした。

    リクエストは春蘭一種。
    今思えばなんとも難しいリクエスト。
    下絵を色紙に描いて頂いたりして
    やりとり
    地色はその頃好きだった薄色。
    呉服屋さんが気をきかせて
    もう一枚頼まれたのが
    鳥の子色に一面の野菊。
    それぞれ単色で
    いわゆる訪問着らしくなく
    地味で私らしいものとなった。
    訪問着の何たるかもわからないのに
    母はお金を払って
    私に面白い実験をさせてくれた。

    私の頃は着物は呉服屋さんにご相談するか
    稽古事の関係者から折に触れ頂いたりするくらいで
    安い着物というものがなかったと思う。
    今はネットの普及や
    小売業のようなシステムを取り入れたり
    色々な着物の買い方ができるようになった。

    もしも着物がただの物で
    ファッションに過ぎなければ
    好きなものを安く買って楽しむ方法もある。
    でも安いということの裏には
    悲しいけれど嘘もある。
    嘘も飲み込んで楽しむのも
    人それぞれでよい。

    でも、もしも
    私に娘がいて着物を誂えるなら
    明るい日向を歩いてきた一枚を
    その肌に添わせたい。
    人も日の当たる場所で
    大切に育まれれば
    幸せなお嬢さんとなるように
    お着物も同じで
    今流に言えば、きれいなオーラ
    どこにも陰りがなくて
    まっさらで、誇り高い手のみを経た
    ゲンのいい幸せの気を放つ。

    お金を払うのは
    物のみを見てのことに非ず
    その日の当たる道にお金を払う
    一つ一つの仕事のたゆみない
    間違いのない積み重ね
    関わる人の責任と誇りの積み重ね
    物も人も場も同じこと。

    せめて初めてのお着物は
    そういう世界のものから始めたい。
    その一枚につられてきっと
    相応しいお仲間が集まってくる。
    幸せな着物箪笥が出来上がると
    私は思う。

    大切に育てられた幸せな着物を
    お迎えできてうれしいです
    と新しいお客様からメール。

    着物も縁。
    いいご縁を得られるのも
    その方の運と徳。

    その方は
    ゆっくりと確実に
    物事に向き合う真摯な方だから
    きっと、美馬さんのお着物に引き寄せられて
    更なるお幸せが訪れると思う。

    本当にそうなると思う。







    スポンサーサイト
    繋がる |TOP| 背中

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。