スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    繕う

    10-11,2014

    祥瑞の八角香炉と
    李朝の白磁火入、
    ついでに備前の猪口。
    ひび入りで譲りうけたもの。
    下さった方は
    こんなものを押し付けて
    と恐縮しておられたけれど
    私には強い見方がいるのです。

    この家をリフォームして下さった
    材木屋さんは美大出の
    工夫と直しの達人。

    柔らかくて素朴でいいのだけれど
    焼きが甘くて漏る花入れも
    時間をかけてゆっくりゆっくり
    水留をして下さり、
    バカラのアンティークのリキュール瓶も
    金彩の模様に見えるように見事な
    処置で息を吹き返した。

    此度もきれいに
    金継して下さいました↓

    CIMG0320_convert_20141014134459.jpg

    こちらも頂きもの↓

    CIMG0324_convert_20141014134513.jpg

    このくらいは私でもできるかも?
    10枚あるのでまずは半分試しに
    背面をカシューで塗ってみる。
    くさい・・・&乾かない・・・
    乾燥まで70時間以上かかるそうな。
    仕上がりはざっくりの私流・・・

    直さなければ永遠に箱の中。
    暗闇から日の当たる場所へ
    物が躍り出て活躍の機会を待っている。
    きっと場を作ってあげるから、
    皆に愛でてもらおうね。

    下さる方あり
    活かすために力を貸してくれる方あり
    縁も所縁も知人もいないこの地で
    三年。
    私の周りには
    いろんな達人が登場して
    魔法を披露してくれる。

    どこに行っても
    しみじみと
    私はツイている。

    神様
    ありがとう。



    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。