スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    何の役に立つのということ

    11-21,2014

    稽古に来られた半年前は
    私に着物なんて
    と仰っていた生徒さん。

    興味を否定せず
    着物っていいなと
    ふんわり思っていると
    すぐにあなたの元にやってきます
    と申し上げたら
    キョトンとしておられたけれど

    予言の通り
    お着物がご自分で着られるようになった頃
    社中の先輩方から彼女にお着物が届き始める。

    ぼんやりではなくて
    ご自分の心と目と足も使って
    どんどん興味を持たれていった結果が
    こちら↓

    201411kimono_convert_20141126175308.gif

    色の白い方だから
    薄色がお似合いになるかしらと
    思っていたけれど
    華やかな濃地に白の文様が映える
    付下げ、なかなか素敵。
    フランスで琴の演奏をされた
    思い出のお着物を譲り受けられた。

    ご自分でも稽古用に
    洗える小紋を選んで組み合わせ
    生まれて初めて買ってみるという
    チャレンジもなさった。(一番下)
    控えめな方だから
    お茶らしい大人しい着物を選ばれて。

    こういうことはすぐに叶う。

    ずっと茶の湯を続けて深めてくれると
    それは嬉しいことだけれど、
    それ以上に
    その時に興味のあること
    ご自分に必要なことを
    目いっぱい受取り体験してほしいと願う。
    女性の人生の自由時間は案外限られているから
    今できるその時間を
    私も目いっぱい何時間でもお付き合いする。
    着物でも作法でも感性でも何でもよい
    例え限られた時間でも
    茶の湯の宝を一つでも
    ご自分のものにしてその手で得てもらいたい

    自分が実感を持って
    時間を使って身に着けたもの
    得たものだけが
    最後の最後まで自分に残っていてくれる
    何の役にたつの?
    ということが
    意外にも大きさと温かさをもって
    人生を良いものにしてくれる

    何の役に立つのということ
    何でもいい
    機会があればぜひお試しあれ。







    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。