スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    慣れてはいけない

    11-26,2014

    能を舞う最終日
    5回目を書き忘れていたのでそこから。
    能を舞う5回目、
    あと2回しかないのに新しい演目を習う。

    玄象という
    有名な琵琶を題材にした演目。
    謡を先生に解説して頂いても何だか
    内容がよくワカラナイ
    というか、それで?という感じで・・・

    獅子には文殊菩薩様が乗られます
    村上天皇様は空を飛ぶ車に乗って龍に引かれて空を飛んで天へと帰られ、
    師長は琵琶を携え、空を飛ぶ程の力強い馬に乗って、須磨から京へと帰って行かれました
    という内容で、
    登場人物がそれぞれに帰って行くだけの場面を舞う

    謡は置いておいて
    足の運びを。
    新しい演目といっても
    後半は松風と全く同じ。

    仕舞の代表的な型
    左から正面に三足目出て、左足をカケて角へ行き、角トリ
    や、足拍子などを
    前半部分にくっつければよい。
    ちょっとほっとしつつ
    前半部分の型をみっちり時間まで。
    やりながら、今私は典型的な型のパターンを
    やっているんだなと。
    舞う以前に
    どんな世界もやっぱりこれがある。

    先に進む先生に対し、
    ビビりの私は
    限られた時間の中で
    中途半端に新しいものを習うより
    最初に学んだものをしっかりできるようになりたい
    と心の中で思った。

    そして、そう思ってハッとした。
    きっと私の生徒さんも
    今の私と同じことを思っている。

    稽古の時、毎月扱いの違う道具や
    新しい点前をして頂けるように準備している。
    初めの頃は仕方ないとして、その方にもよるけれど
    2回稽古するとしても同じ点前はあまりさせない。
    どうせ自分が人をもてなすとしても
    薄茶と濃茶、せいぜい棚を使うくらいだからと
    永遠と何年も同じ点前ばかりする稽古場もある。
    私は絶対にそれはしたくない。
    なぜか
    それでできるようになって
    得られるのは浅い自己満足だけ。
    本当の満足にはほど遠いところで
    もう手にしたと思わせるのが可愛そうなのだ。
    できると思うことはそれほどに怖い。
    そんな稽古に慣れてしまうことは
    本人にとって損失。
    そしてそういう人は山ほどいる。

    点前は同じことを繰り返して身体に染み込ませて
    初めて点前になる。
    でもその同じことは
    全く同じことであってはいけない。
    決して慣れてはいけない。
    混乱して初めて元が何かに思い至る
    戸惑いながら動く身体の方が
    身に付くことにずっと近い。
    それは教える者にも言えて
    同じことを漫然と繰り返すなら
    道具も指導も楽だけれど
    自身を鍛えることはできない。

    お茶の話でも仕舞の話でもない
    特殊な世界のことでもない
    すぐに結果なんて得られるわけがない
    別に稽古事でなくても
    仕事でも何の世界でもそれは同じかな?

    こんな時代に流行らないだろうけれど
    時間を掛けないと分からないことが必ずある
    半信半疑のまま続けることにこそ意味がある
    すぐにわからないからこそ続けていける
    ある日ストンと腑に落ちて
    それでひとつ何かがクリアになる
    いろんな形で型を繰り返して
    自分に染みつけていく
    そうやって時間をかけて
    身に付いたことだけが自分を育ててくれる
    身に付いたことだけが気付かせてくれる
    身をもってそれがわかることで
    人生は何倍も何十倍も受け取れるものが変わる。
    そんな風景見なくても構わないという人もいるだろう
    見ないと分からない。

    何でも積み重ねしかない。
    近道はない。
    自分の身体を使って
    わからないままに半信半疑でも
    素直に素直に積み重ねる

    身に染みて分かっていながら
    新しいことを前にそう思ってしまった。

    そして
    積み重ねたものの先に必ず
    ものすごくいいものが与えられると知っている。

    そうか。


    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。