スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小さな果実

    12-23,2014

    歳を重ねることは最高にいい
    という話になると
    必ず何故に?という反応が返ってくる。

    若い方々にとって
    歳をとるってネガティブなイメージなのかな

    人はずっと先の未来を見ているか
    常に過去に気を取られているか
    いずれにしても今にいるのが難しい。
    それでも馬鹿みたいにずっと先を見ている方がまだ
    微笑ましい。

    自分の歳が若ければ若いほど
    後ろには何もない
    そう思うのは私だけかな

    昔はよかったなんて
    本当に一度も思ったことがない
    そもそもそんなに年寄りでない。
    最高に面白くてキラキラして
    余るほどいい思いをした時期もあったけれど
    来た道はほとんど
    未熟で恥ずかしくて消え入りたいような
    美味しいことと苦いことが両方
    ぎゅうぎゅう一杯に詰まっている
    そこにもう余白なんてのはない

    友達も恋人も
    他の配役なんて考えられない濃さで
    良くも悪くも私らしい選択肢
    その濃さを堪能した。
    凡才なりに最高のキャストでここまできた。
    やり直しなんて考えられない。

    私の来し方は
    無知と呑気からくる
    恥の積み重ねでできている。
    でもまあいいか
    と思えるのは歳を重ねたおかげ。
    恥ずかしい来し方も自分らしいと笑える。

    心を話さなかった子供も
    三十過ぎてようやく心を話せるようになった。
    今となってはしゃべりすぎ・・・
    自分を評価できずに謙虚の陰に隠れて
    心は矛盾に満ちていた。
    いい子でいなくていいと思いきれた途端に
    清々しい風が吹いた。
    それも砂を噛むように過ごした
    20代があったればこそ
    そして自分を縛っていたからこそ
    真の解放を得られた
    清々しさ倍増できたのだと。
    まあ相変わらず恥の上塗りもしている訳ですが。

    自分自身がもがいて移り変わり
    要所でいつも人に助け上げられてきた。
    私のような危なっかしい人間を
    よく拾い上げて後押ししてくれた
    と心から思う。
    とぼれんちんで歩みが遅いからこそ
    私の人生は恩人で溢れている。
    その一人として忘れることはない。
    心からありがとうと言える人が
    増えていくのが生きることだと
    本当に実感する。

    相変わらず
    目標の聡明な人物にはほど遠いけれど
    最近ようやく少し
    今ここにちゃんといられている
    と感じる瞬間がある
    その感慨たるや・・・
    とぼれんちんなりに
    自分の内側を見つめて
    ほんとうを感じようとしてきた
    暇のかかる人生に
    小さな果実がなっている。

    健康を大前提に
    ここから先
    自分のためになることしか訪れない
    そして必ずその関を
    私は越えて行ける
    ジタバタ泥臭くても。

    神様が私を見ている。






    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。