スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    帰一

    12-01,2014

    師走お朔日。
    精米したてのお米を神様に。
    さあて今年の仕舞いです。

    和洋の神様を思う月。
    天使をお部屋に。
    視線の先にはマリア様がおはします。
    パリで見つけた小さな聖書や
    母の十字架とロザリオ。
    キャンドルは真っ赤な林檎。

    CIMG0819_convert_20141217212351.jpg

    長年かけて拾い集めた
    色々な木の実。
    毎年好きなように組み合わせてテーブルに。

    CIMG0925_convert_20141217212443.jpg

    神様がノックされるドアだから
    生きているものを。
    玄関には簡単にリースを作って。

    CIMG0922_convert_20141217212421.jpg

    毎年この季節は作ったり壊したり
    大好きな実と戯れる。

    床には
    精拙老師の萬法帰一。
    一帰何処と続く。
    茶花には大きすぎてセオリーを外しているけれど
    切るのが惜しい野荊を大きく添える。

    CIMG0926_convert_20141217214617.jpg

    これも稽古では掛けないお軸の一つ
    毎年稽古納めの後にこの軸を掛けて
    一人座っている。
    私の心の一行。
    今年は生徒さんにも出逢ってもらおう。

    無事の千秋楽を前に今年の総括
    大きな眼差しで自分を見下ろす

    過去も未来も宇宙も
    あらゆる現象が私に注ぎ込み
    そしてその全てが一つに帰する。

    臘月。
    今年の私はどうであったか。
    消え入るように見つめている。







    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。