スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    12-18,2014

    今年最後のお料理教室。

    rata-buru201412_convert_20141224202700.gif

    前菜は
    帆立のムースオレンジソース
    淡泊素材ながら生クリームも同量使っているので
    オレンジの香り爽やか、口当たり良く
    そして、しっかりお腹にくる。
    ガルニチュールはナツメグ香る人参さん。
    お正月は同レシピをサーモンでも作って
    紅白にしてもよいと先生。

    マッシュルームと生ハムのサラダ
    生ハムはカリカリに焼くのがポイント。
    食感に変化が出るし、
    ハムのオイルにバルサミコを入れて
    風味を移したソースが効いてる。

    メインは鶏胸肉・キノコのファルシィ
    トマトフランボワーズのソース。
    マッシュルーム・ポルチーニを炒めて
    豚赤身の挽肉と合わせる。
    これを観音開きにした鶏肉に包んで
    さらにその上に鶏の皮を被せて巻き
    オーブンでロースト。
    フランボワーズがなければアサイージュースでもOK
    赤い色が食欲をそそるソースで頂く。

    洋梨の赤ワイン煮。
    これおいしい!
    しかも簡単。
    クリスマスのデザートはこれで決まり。

    先生から伺ってはいたけれど
    正式にみなさんの前でお話があった。
    先生は隣町に引っ越されることになった。

    先生はいつも間違わない。
    きれいにきれいに生きておられる。
    自分の仕舞いをどうするか
    私だっていずれ同じ道を辿る。
    先生の為し方を近くで見られて幸せだ。
    子供がいてもいなくても
    伴侶がいてもいなくても
    自分の身の振り方を潔く
    出来るうちに決めていく。
    簡単なことではない。

    先生は越されても変わらず
    飛び回っておられるだろうし
    あちらのお教室にも勿論続けて通う。
    お別れではなく一区切り。

    先生は神様からの恵み
    先生がここにいらっしゃったおかげで
    私の縁が広がっていった。
    先生の気持ちのよい応援があって
    この地でも茶の湯を楽しもうと思えた。

    タイミングと人の言う
    タイミングは縁そのもの
    目の前の人と
    一番丁度良いタイミングで出逢っている。
    意識の如何に関わらず
    受け渡すもの受け取るものがあって
    出逢っている。

    先生、これからも
    まだまだよろしくお願い申し上げます。




    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。