スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    女子力

    02-07,2015

    主でも客でも
    茶の湯で必要なもののひとつ
    懐紙。

    古からメモにしたり文を書いたり
    お皿や敷台にしたり、包んだり、拭ったり
    様々な用途で活躍してきた小道具。
    茶の湯をしていなくても
    バックに忍ばせておくと
    様々な場面で活躍してくれる。

    最近は、茶道具屋でなくても
    ちょっとした雑貨屋さんなどで
    ポップな懐紙が売られていたりして
    面白いものを買って
    生徒さんに頂きものをした折などに
    差し上げる。

    生徒さんが、
    ある日、会社で頂きもののお菓子があって
    個別包装でなかったので、
    差し上げた懐紙に乗せて
    職場の方に配ったら
    女子力高い!
    と褒められたそう。

    やった!
    茶の湯をした甲斐
    何でも使いよう。
    帛紗バックに中にいれたまま
    これはお茶用と決め込んだら
    それはお茶でしか使えないシロモノ。

    何だって使いよう。
    そもそも茶の湯は生活文化。
    生活の中に息づき育まれて来たもの。
    生活に溶け込み、生活を愛でる
    それが茶の湯。
    自分の生きる日常で使うために
    稽古がある。

    茶室の外で活かしてこその稽古。
    実践して下さる生徒さんの
    聡明さが嬉しい。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。