スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    02-09,2015

    本日のお菓子。

    CIMG1048_convert_20150223153209.jpg

    言葉にすれば東風解氷。
    春立ちて東より風至る。
    風が花を運び
    水面の薄を解かす。
    その波紋。
    暦とイメージがピッタリくる。

    この花びらが桜になれば曲水の宴
    魚影になれば青葉の頃
    一葉ならば秋を想起させる。

    風一つとっても
    春の風は東風。有名な春一番
    初夏の薫風、そよ風は凱風
    梅雨の時期は黒南風
    梅雨明けは白南風
    青葉の頃は青嵐
    木枯らし吹いて初秋は雁渡
    秋は金風、萩風
    冬の風は雪嵐にも
    茶室には松風もある。
    季節だけでもまだまだ
    吹き方や地方によっても細に入り
    日本の言葉は左様に豊か。

    何かを目で見て
    自分の心で感じようとする
    それを言葉にしようとする
    自分の中を駆け巡って
    イメージを言葉につなげていく作業
    その訓練が茶の湯の稽古。

    稽古場で感想を言うとき
    結構な○○は禁止。
    便利Wordは全面禁止。
    拙くてもいい
    自分の中にある言葉を引っ張り出して
    口から出してみる。
    言葉が豊かになると
    心が豊かになる。

    ほんとうのことです。





    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。