スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    瀬戸の顔

    02-26,2015

    瀬戸の海。

    夏でも秋でも冬でもない
    瀬戸内らしいのんびりの春のうみ。

    CIMG1160_convert_20150311193512.jpg

    花の紅をちらり見せながらの桜
    菜の花の里。
    トンビが私の上を回る
    おかえりおかえり

    ただいま
    帰りましたよ。
    いつもここにいる
    ご近所の鉄道関係の人↓

    CIMG1168_convert_20150311193622.jpg

    雨の夜
    傘もささず佇む彼の迫力もすごい。

    こちらは呑気なお目めの人↓

    CIMG1171_convert_20150311193729.jpg

    飄々として昔から変わらずのお顔。

    CIMG1169_convert_20150311193753.jpg

    黄昏時の後ろ姿は
    ちょっぴり哀愁。

    お墓参りの帰り
    主さまと明浜の塩湯に入ってのんびり
    逢える人には逢える
    こちらも懐かしい人↓

    CIMG1165_convert_20150311193553.jpg

    私の好きな造園屋さん
    私が帰省したら必ず寄ってと
    母に伝言下さる人。
    なんと塩湯でバッタリ。
    奥様も相変わらずの笑顔。
    帰りにお家に立ち寄って
    お茶をご馳走になる。
    前に帰った時は
    迫力のある老木を集めていたのが
    今は蔓。
    後ろに積んであるのは
    野山を駆け巡って集めた
    様々な植物の蔓。
    編みかけの籠を見せて下さって
    しばし作品談義。

    顔に彼の全てが描いてある。

    何もかも宇和島。





    スポンサーサイト
    商う |TOP| 作品群

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。