スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     清心会

    04-08,2015

    窓の外の桜。
    朝な夕なのひかりの中
    さまざまな表情をみせてくれて。

    CIMG1506_convert_20150519181853.jpg

    こちらは
    生徒さんのお庭に咲いた木通の花。

    CIMG1677_convert_20150509173727.jpg

    大切なものを切って
    いつもお持ち下さる。
    四国時代のダムの道、見つけておいた木通
    今もあの場所で零れているかな。
    沢山頂いたので稽古場とリビングにも。

    三月、四月と
    ご見学や体験レッスンのお申し込みを多数頂き、
    清心会のお仲間が増えた。
    ほとんどの方が初心者ながら
    行のお免状や茶名をお持ちの方などもいらっしゃって
    段階も様々。
    生徒さん同士で学び合うことも増えそう。

    中でも嬉しいことには、
    20代から80代まで各年代揃っていた本会、
    10代も加わり、10代から80代までを網羅し
    中間年代が更に分厚くなるという、
    素晴らしいバランスとなった。

    10代さんはお母様とご一緒の稽古。

    CIMG1887_convert_20150509173758.jpg

    ツルツルの手を拝見していると
    小さな蕾のようなお嬢さんが
    これから自分らしい花を咲かせていく
    未来が煌めいていて。
    様々な可能性を謳歌していかれるその人生に
    茶の湯という新しい引き出しを加えていかれる。
    よい出逢いとなれば嬉しい。
    その引き出しに豊かなもの美しいものを
    沢山詰めていかれるようにと願う。

    その道に入らんと思う心こそ
    我が身ながらの師匠なりけれ

    茶の湯の門戸を叩いた
    その手、その心にすでにお師匠さんがいる
    私ではない、ご自分の心の師匠に
    まっすぐついていく。
    いやになったり心がぶれたり
    そんな時も心のお師匠さんが見ている。
    それでもお師匠さんを失わないことが
    一筋の道をつくる。

    それぞれの段階で学ぶことがあり
    私もまた教える者として
    新しい学びを重ねていけることが
    嬉しいし、ありがたい。
    共にそれぞれに必要なものを受け取りながら
    茶の湯の時をご一緒できればと思う。

    月の三分の二を稽古で過ごし
    三分の一を懐石教室やお料理教室、お香の会
    スポーツクラブなどに充てる。
    お友達とも少し楽しんで
    とてもよいバランスの毎日になってきた。
    ご縁に感謝しかない。


    スポンサーサイト
    |TOP| お手伝い

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。