スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    銀座にて

    05-11,2015

    ごふく美馬さん東京展。

    ウィンドウの一枚は
    涼しげな上布。

    CIMG1904_convert_20150705165531.jpg

    今回は銀座文芸春秋画廊にて6日間。
    外国人で溢れる銀座通りから
    少し入った落ち着いた径にある。

    扉を開けるとこちらも良いお色。

    CIMG1902_convert_20150705165510.jpg

    夏こそ着物の王道をゆく
    上布は上等の布。
    苧麻という植物の皮から
    20もの工程を経て細い糸をとり、
    さらに織物として出来上がるまでに
    50もの手作業を経て織り上がる。
    昔もそして今となっては究極の手仕事。
    香木と同じくいつか消えゆく
    日本の手仕事だろう。
    織り手がいても植物から糸をとる
    根のある職人さんがもういなくなる

    蝉の羽ほどの薄くて軽やかな
    布に触れ、気の遠くなる人の根の集積を想う。
    贅沢とはこういうものを
    大切に纏い遺すことを言うのだろう。
    一枚の布に内包された壮大な世界。
    お着物のことは分からないけれど
    傍でお茶を差し上げる
    美馬さんでのお仕事そのものが
    私には本当に贅沢だ。
    様々な世界を垣間見させてくれる。

    いつも会場としている
    ホテルのスイートルームとは違って
    通りを歩く人がふらりと入っていらっしゃる中にも
    見たこともない世界のお話を聞かせて下さる
    興味深いお客様も混じって
    いつもの素敵なお客様方の振舞いと共に
    本当に刺激的な6日間となった。

    昔とは随分変わったと
    昔ながらの銀座を知る方々は口を揃える。
    でも私にとってはまだまだ新鮮で奥行きのある街。
    文芸春秋画廊は来年の春に
    ビルごと建て替えとなるようだけれど
    またいつかこの街で
    お茶を差し上げられたら嬉しい。

    いつもながら
    幸せなお仕事を
    ありがとうございました。




    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。