スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お守り

    07-06,2015

    お声掛けを頂いて
    亭主を務めることとなった
    本日真の茶事。
    初座は離れの小間
    四畳半にお客様7名。

    小間での一人亭主は
    寄付、腰掛、路地を
    煙草盆や打ち水、草履
    上げたり下げたり
    本席の濡れ釜の間合い
    簾の巻き上げなどなど
    水屋の仕事盛りだくさんながら
    本日は茶室もお道具もすべて
    お借りしたもので、
    懐石と水屋は貸主の方がして下さるので
    亭主として表を務めるのみ。
    引き渡しの茶事ではない
    真の茶事を経験したことがなく
    調べようもないので
    正午茶事の流れに身体を任せ
    緊張はしないけれど
    気を引き締め心を閑かにして
    しばし座す。

    降ったりやんだりの小雨の中
    路地笠を半東さんに持ってもらい
    蹲を整えて迎え付け。

    詳細は遠慮するが
    明末の高僧の軸
    亭主なのに読み下せなかったのを
    次客の方が読み上げて下さって
    意味までご説明下さる。
    ご専門というか、お仕事上もあるのだけれど
    最高の勉強ができる確信。

    挨拶の後
    精進にて懐石。
    一番興味があったのが懐石。
    真の茶事は前段後段と
    膳を持ち出す話を
    学園の折に業躰先生から伺い
    茶つとるつをどう使うのかも
    興味があった。
    朱膳の一式を持ち出し
    三人官女が持つ酒器で一献差し上げる。
    汁替えもあるし、飯器は常のように二回回すも
    小吸物と八寸は御座にお預け。
    引重に焼き物と香の物
    両細を添えるのは2種兼用のため。

    続いて真の炭。
    久々座掃き。
    真那蛮の香も嬉しい。
    七種の菓子をお出しして中立。

    銅鑼の最後の大を打ち残して迎え付け。
    雨は止んでいる。

    真の行。
    天目で七人分の濃茶を練ったのはお初のこと。
    底が細く服加減を心配したが
    よく練れていたようで安堵。
    真の点前をするには
    年齢も人間の重みも何もかも足りない
    と分かっているけれど
    人本位の茶が自分らしいと思う私でも
    点前の中にぐっと入っていくというか
    道具と純粋に向き合える
    点前の中をスイングするような
    奥伝は気持ちよくて好き。
    最近は全く稽古していないので
    久しぶりの感覚が心地よかった。

    母屋の八畳に移動して薄茶。

    道具拝見の後、
    膳を持ち出し、精進落としの懐石。
    膳の上には向付と吸い物、盃。
    強肴2種を出し、相伴後
    小吸い物。
    八寸と酒器持ち出して千鳥。
    最後に温かいほうじ茶をお出しして
    懐石終了。
    膳を下げ、ご挨拶の後お見送り。

    詳しく書きたいのは山々なれど
    人様の大切なものは
    そっと眼に焼き付けてお別れ
    見たこと為したことはその時
    その人だけのもの
    自分自身で経験したことだけ
    そうして得た実感だけが
    長く私を満たしてくれる宝。
    茶の湯は一体
    どれだけの宝を私に与えてくれるのだろう。
    人生で真の茶事の亭主を経験できるなんて
    想像していなかった。

    CIMG2167_convert_20150726163910.jpg

    今日一日懐に入れていた
    梅布巾。
    今日の私の心を整えてくれたお守り。
    高知でお世話になった先生が
    ご自分で染めて叩いて
    送って下さったもの。

    この布巾で丁寧に台子を清めた。

    縁もゆかりもない
    知る人もない高知でも
    こちらでも
    よき人に出逢い
    こうして新たな経験をさせて頂ける。
    運がいいというだけで足りない
    全てのもの
    人生のご縁のすべてが
    ほんとうに
    染み入るように
    ありがたい。






    スポンサーサイト
    琴の音 |TOP| 赦し

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。