スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    三日月を拾う

    08-28,2015

    CIMG2520_convert_20160123221514.jpg

    さて、本日はこの旅の本命
    日本で申し込んでおいた
    原生林を歩くハイキングツアー。
    ワイキキから車で30分、
    先史時代そのままの姿をとどめる緑のジャングル
    標高613mのタンタラス山頂の見晴らし台まで
    コオラウ山脈の奥地をトレッキング。

    ガイドさんはハワイ生まれの日系人。
    車で中腹まで行き
    注意事項を聞いて虫よけスプレーを振りかけ
    水を携えて出発。

    CIMG2523_convert_20160123221549.jpg

    入ってすぐに飛び込んでくる
    甘い香り
    うす暗い中に輝く白いジンジャーの群生。

    CIMG2526_convert_20160123221905.jpg

    遠く近く響く鳥の聲
    映画みたいな色と音。

    私達がホノルルに着く前に
    随分と雨が降ったらしく
    ジャングルの中はまだまだぬかるんで
    もちろん霧も深く
    滑らないように腐葉土を踏んで進む。

    CIMG2539_convert_20160123222109.jpg CIMG2545_convert_20160123222131.jpg

    いやはや
    本当に原生林。
    雨の影響もあるのだろうけれど
    倒木をなぎ倒し
    道を作りながら進むガイドさん。

    CIMG2528_convert_20160123221938.jpg CIMG2534_convert_20160123222051.jpg CIMG2542_convert_20160123223754.jpg

    途中何度か
    後ろからすごい勢いで
    半裸の大男が駆け上がり
    私たちを追い抜いて行くのに
    唖然・・・
    ガイドさんの説明では
    ジャングルの中を走るれっきとしたスポーツで
    大会まであるのだそうで。
    たった数時間の間に三回遭遇した。

    母はトイレに行きたくなり
    勿論それはあるわけはなく
    皆から離れ道の脇にて
    決して紙などは使わず
    葉っぱで済ませるのであるが
    この後ろからくるスポーツマンが怖くて
    私にはできなかった・・・

    CIMG2551_convert_20160123222026.jpg CIMG2550_convert_20160123222220.jpg CIMG2532_convert_20160123221844.jpg

    コア、オヒアレフア、イエイエ、コキオケオケオ
    現地の名前でハワイ固有の植物を教わりながら
    ハワイの自然の成り立ちから保護まで
    毎日現場を歩く人の話は深い。

    どの大陸からも離れていたせいで
    固有種が伸び伸びと生きていた島に
    人間が来て様々なものを運び込んだ。
    途端に免疫のないハワイ原種の植物は駆逐されていった。
    今、絶滅を免れるために
    地道な努力をしているけれど
    淘汰の歴史がない分
    DNAが淘汰に向いていないので
    やられてしまうのだそうだ

    ハワイの海は長閑な遠浅のイメージだけれど
    少し行くと富士山がすっぽり入るほどに深い。
    海水温が低いので
    ハワイ沖で台風も弱まり
    豪雨の影響を受けずにきたけれど
    温暖化で海水温が上がり降水量が増えて
    これまでの備えではホノルルの街は浸水してしまう
    と憂えていた。

    グアバの実がなっているのを初めて見て
    落ちた実をナイフで削って食べ
    熟れて落ちたアボガドを拾い
    その美味しさにびっくりし
    原生のコーヒーの実を教えてもらう。

    葉の裏をめくって
    小さな尖がったカタツムリを眺め
    にこちゃんマークを背負った蜘蛛をのぞき込み
    森の匂いを吸い込む。

    足元を見ると無数の三日月

    CIMG2537_convert_20160123222156.jpg


    森をぬけると、光に満ちて
    青い海
    渓谷も見える。

    CIMG2562_convert_20160123222249.jpg


    ホノルル市街を眼下に
    コオラウ山脈を一望できるパノラマビュー。
    ああ、風が爽やか。

    涼しい森でそんなに汗もかかず
    三人無事に完歩。
    清々しさでいっぱい。

    じゅるじゅるの土が詰まった靴の裏を払い
    汚れを落として
    ふと父を見ると
    父の白いスニーカーはほとんど汚れていない・・・
    後ろからゆったり歩いていると思っていた父。
    一足しか持ってきていないスニーカーを汚さないように
    筋を選びながら歩いたのだそう。
    さすが!!!
    歳を重ねて体力で勝ったと思っても
    やはりこの人にはかなわない。

    明日はこちら
    ダイヤモンドヘッドに上ります。

    CIMG2564_convert_20160123190503.jpg

    ホテルに着いて
    ご飯まで間があるので
    プールサイドのダイニングで腹ごしらえ
    ウクレレの演奏で躍る
    豊満なフラを観る
    フラダンスの何たるかを知らないけれど
    何だか幸せな踊りだ。

    ご当地ビールとご当地ロコモコ

    CIMG2565_convert_20160123190546.jpg CIMG2566_convert_20160123190806.jpg

    夕餉は一家合流して
    コンシェルジュお勧めタイ料理店へ。

    CIMG2568_convert_20160123190853.jpg

    いい感じだったのに
    毎度ながら写真これしかない・・・





    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。