スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    はじめてのお茶会

    11-03,2015

    11月3日は
    暦の上では楓蔦黄。

    0128_xlarge_convert_20151126180507.jpg

    冬が来る前
    秋の最後の一日と位置づけて
    陽だまりの野辺でひととき
    落ち葉の音を聞きながら
    一服のお茶をどなたでもどうぞ。
    市民祭りなので改まったりせず
    そんな趣向で釜を掛けてみる。

    短冊の通り
    秋の聲を落ち葉の落ちる音と聞いて
    その音が萬野に満ちるイメージ。
    野外の設定なので
    青竹を切らせて頂いて
    床と結界に。

    0021_xlarge_convert_20151126173945.jpg

    久しぶりに竹林に入り
    腐葉土を歩いて
    心に清風をもらった。

    持ち寄って下さった
    沢山の散り紅葉
    どんぐりや木の実
    生徒さん達が会場中にそれぞれ
    飾り付けて下さる。

    0013_xlarge_convert_20151126173927.jpg

    懐紙の中にもひとひら
    紅葉が落ちてきた
    そんなお菓子をご用意して。

    0040_xlarge_convert_20151126173848.jpg

    お茶の花は先取りで蕾よね
    とお花を分けて下さったお庭の持ち主はおっしゃったけれど
    今の今の今の野辺
    普通の人が普通に暮らす
    先取りでない今。
    だから咲きこぼれた最後の乱れ菊を。

    0092_xlarge_convert_20151126174016.jpg

    茶箱月点前で一服。

    0103_xlarge_convert_20151126174032.jpg

    お運びさんもお点前さんも
    初めてさんばかりながら
    それぞれが美しい葉のように
    野辺を彩って下さって
    一枚の絵の様でした。

    nobenotyakai.gif

    それぞれの持ち場で役割を果たし
    違う持ち場の方々の仕事を見て
    気付き学び、私も生徒さんも
    自分の眼や器を広げられたら嬉しい。

    もうすでに
    またやりたい!とのお声が届き
    お道具のない先生は早々ビビッているわけですが
    今回ご参加頂けなかったり
    点前を希望なさらなかった生徒さん達も
    チャレンジできることを
    また何か企画できるといいな。

    白い帯締めを締めて臨んだ
    初めての大寄せ茶会。
    生徒さん達のご家族さまやお友達方が
    娘さんや奥様を熱い眼差しで見つめて
    私もご挨拶ができて
    安心したし、ほんとうに楽しかった。

    ご縁を頂いたすべての方々に感謝です。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。