スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    句読点

    11-21,2015

    見上げても
    見下ろしても
    好きなものばかり

    CIMG2893_convert_20151205211814.jpg CIMG2901_convert_20151205211833.jpg

    茶の季は開炉。
    初風炉と炉開きは毎年正午茶事。
    初めてさんばかりの回は
    どうしても時間がかかってしまうけれど
    その代わり後炭が面白くなる。
    火と水と人が頬寄せ合って同じ時を生きる。
    炭が移り変わっていく様は時そのもの
    釜の松風がうつろい
    生きて動く茶の様々
    感じて重ねてくれると嬉しい。
    正客は茶事初参加の大学生さん。

    201511robiraki_convert_20151205211737.gif

    霜月稽古風景。
    壺荘と紐結びにチャレンジ。
    初挑戦ですんなりできる人もあれば
    苦心惨憺眉間に皺滲ませる人あり
    でも何故かハマる紐結び
    ボケ防止にもなります。

    201511keiko_convert_20151205211648.gif

    炭の大きさも釜の大きさも
    全てが嬉しい茶人の正月。
    お着物の着やすい季節になって
    がんばって着付けてみえられる方も多い。
    お祖母様が蚕から糸をとって染めて織りあげた
    形見のお着物など見せて頂けるのも嬉しいこと。

    去年と今年同じことをしながら
    どんな螺旋を描いているか
    茶の暦は句読点。
    線の上を生きる己を立ち止って顧みる大きな点。
    去年の今と今年の今
    自分は何を重ねてきたか
    積み残したことは何だったか
    できるようになったことを喜び
    新たな課題を喜び
    いつも心新た日々新たに
    まっさらな自分を喜んで
    自分の歩幅で今季もまた
    ひとつずつ
    爽やかに重ねていきたい。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。