スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    仕舞い

    02-18,2016

    CIMG3363_convert_20160401151451.jpg

    お正月の残りの花をいけていたのが
    まだ健在・・・

    半月ほど帰省していました。
    父のために義妹が作ってくれた意思表示板↓

    CIMG3396_convert_20160401151517.jpg

    箝口令の中、
    聞きつけて近くから遠くからお見舞いにきて下さる人たち。
    定年退職した会社の人たちも毎日のように来て下さる。
    ありがたいけれど
    いくつもの管に繋がれた父
    自分の姿を見られたくないだろう。
    父の傍らで毎日
    父のこれまでのこと
    そして自分の終わりの時のこと
    ずっと考え続けていて。
    子という縁に恵まれなかった私には
    生まれる終わるという領域に
    初めて真摯にふれる時間。

    自分の人生を仕舞うことを
    できるだけきれいにこざっぱりと
    行いたいと思っていたけれど
    どんなに善く生きた人も
    思い通りはなくて
    というか、
    仕舞いは
    周りで看取る人に与えられた
    縁なのかな
    と思わずにいられなかった。

    父の望みを思うと苦しい。






    スポンサーサイト

    COMMENT

    COMMENT FORM

    • URL:
    • comment:
    • password:
    • secret:
    • 管理者にだけ表示を許可する

    TRACK BACK

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。