スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    父きたる

    02-10,2014

    北海道からの帰り
    飛行機の乗り継ぎを一日伸ばして
    父が新居へ立ち寄ってくれた。

    ダイヤがくちゃくちゃの中
    長靴を履いて羽田まで迎えに行き、
    新千歳から1時間以上遅れて着いた
    父と一緒に
    上京の折はいつも立ち寄る
    靖国神社も国会図書館も寄らず
    真っ直ぐに拙宅に帰り
    主様と三人で鍋を囲んで
    ゆるゆる酌み交わす。

    古稀を迎えた父。
    ヒートテックダウンに身を包み
    軽やかに飛び回っている。
    様々なお役のバトンを受け渡し
    四国の遍路小屋プロジェクトと
    北海道のおばあちゃんに会ってお話を伺うのが
    現在のライフワーク。

    お遍路の縁で出逢った
    中国からの引き上げ者である
    おばあちゃんの人生に感銘を受け
    その生き様を残らず聞き取っておきたいと、
    もう何度北海道に通っているだろう。
    ここ数年は病院に入院したままで
    ほんの数時間の面会のために
    飛行機を乗り継いて赴いている様子。

    父はもの静かな人だけれど
    その情熱は昔のまま
    一途に真っ直ぐで。
    いつだって課題と興味が
    絶えることがない。

    何にも思い残すことがない
    と言うようになった父。

    子供として傍で感じた父の人生
    大変な波が何度も来て
    平穏と言えなかったと思う。
    でもその度に
    折れずに立ち上がる父を見てきた。
    決して逃げず不義理をせず
    踏ん張る父を見てきた。
    正直にまっとうに生きてきた人。

    地域で信頼され、たくさんの仲間と
    同志に囲まれて
    好きな時に好きなところへ
    軽やかに飛んでいく
    緩やかな仕舞支度。

    いい人生
    やっぱり幸せな人生ですね。
    貴方と私の人生が重なっていた
    家族としての時間。
    間近でいられたことが
    私の誇りです。

    私も貴方のように緩やかに
    穏やかな人生の仕舞がしたい。
    そのように今を生きたいと
    いつも思っています。

    ありがとう。
    まだまだ見せてもらいますね。







    新。

    12-25,2013

    何だか慌ただしかった12月。
    平常の暮らしが戻ってきて
    本日
    クリスマス&結婚記念日。

    まだカーテンは来ていない 涙 けれど
    夕餉の準備。

    201312251_convert_20140110131035.gif

    特別なこともないけれど
    今年もリクエストの丸鶏を焼いて
    設計士さんから頂いた
    シャンパンで乾杯。

    201312252_convert_20140110131053.gif

    物や人を物凄く好きになる
    「愛着」を人一倍恐れるのは
    自分の愛の袋が大きいと分かるから
    何だって誰だって
    私の袋を満たすのは大変
    だから求めない
    ずっとそうやってきたんだ
    孤独なのは標準装備
    誰だってそうだと思ってきた

    その頑なさを
    全く違う角度から
    解してくる
    全く違う感性で包んでくる

    貴方と暮らせて
    面白い。

    二人とも発展途上
    まだまだ面白くなる。

    今年は最高のプレゼントを
    ありがとうね。

    二人の住処を
    きれいに磨いて
    頂いた場を
    活かして頑張ります。

    ここからまた
    新たに新たに
    よろしくお願い申し上げます。


    嵐の夕

    09-01,2013

    へんな雨ふり。

    灰色の雲が濃くなって
    雷ゴロゴロ
    激しい雨

    後、コロリと青空。

    雨あがりを見計らって
    夕飯の買い物に。

    買い物をしている間に
    また豪雨。

    小雨を選んでの帰り道

    傘を持って駆けてくる人

    主さま。


    共に生きていくこと

    私にとっての奇跡を
    いつだってこの人は
    当たり前のように
    みせてくれるんだ

    記念日だった。

    12-25,2012

    クリスマスは何の日?
    何を隠そう私達夫婦の結婚記念日。

    結婚式は3月にしたのだけれど、
    その年は私の年回りが悪いとのことで
    年の良いうちにと
    年の瀬に慌しく
    桐箪笥一つ持って
    当時主さまが住んでいた官舎に
    お嫁入りした。
    一番近い大安に入籍したら、
    その日はクリスマス。

    今日もお仕事に出かけた主さま
    いつも遅いのに夕方
    ピンポン
    とチャイム。
    花の鉢を抱えて帰ってきた。
    記念日に興味ナシの私だけれど、
    クリスマスなら忘れない。

    ホイ、チキン入刀~
    今年はあっさりハーブ詰め。



    結婚して三年。
    今日から4年目。
    大いなる実験はかなりイイ。
    というか、時を経る毎に
    いいが確信に変る。

    こちらに来て益々忙しい主さま
    願わくば貴方にあまり遅れを取りたくない。
    私ももっと忙しくなりたい。

    一人は平気。
    一人が平気なように人に没入しない
    と思ってきたのに
    もし貴方が先に失礼することあらば
    一人はツマラン
    そう素直に思う。

    共に健康で天寿を全うし、
    願わくば同じくらいに召されたい。

    なんて、つくづく我侭でございますが、
    今日からまた新たに
    よろしくです。

    DNA

    12-20,2012

    所用にて一週間ほど四国に帰省。

    久しぶりに両親と黒尊に登る。
    眼下に広がる宇和島市内はピーカン。



    市内から車で登ること30分。



    広がる別世界。
    足跡のついていないまっさらの雪。

    雪球作り&
    本気の雪合戦。



    私は紛れもなく
    この無邪気な二人の娘なのであった。

    海あり山あり
    南国なのに雪もあり。

    宇和島最高。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。