スポンサーサイト

    -----,--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花束

    12-25,2015

    朝、出勤前にいそいそと出かけ
    すぐに帰ってきたと思ったら
    はい、結婚記念日
    と、花束を差し出す主さま
    それからご出勤。

    ご近所の昔ながらのお花屋さん
    お花が色々入ってかすみ草の王道花束。

    完成品のアレンジではなく
    長いままの花束をもらうのが好き。
    早速解いて夕餉までに好きなように
    テーブルを飾る。

    CIMG3087_convert_20160401150953.jpg CIMG3095_convert_20160401151035.jpg

    特別なこともないけれど
    いつもの手作り
    お野菜たっぷりでテーブルに。
    今回のリクエストはチキンではなく
    滴りステーキ。
    早めにご帰宅の主さまと
    シャンパンで乾杯。

    CIMG3118_convert_20160401151136.jpg CIMG3122_convert_20160401152628.jpg

    結婚して何年だろう。
    七年なのかな?
    何でもすぐに忘れる私はもうわからない。
    新婚のプレミアホルモンが2年はあるそうだけれど
    そのキラキラが過ぎて
    今がもっといい。
    特別なことが何もなくても
    こうして共にご飯が食べられる
    普通の毎日が積み重なっていけば
    それがいい

    ピンクの花々
    キラキラしたあの感じを
    ちょっと忘れかけていた。

    ありがとうね。

    CIMG3128_convert_20160401150921.jpg


    OPEN MIND

    12-05,2015

    12月に入っていくつか
    クリスマスのパーティにお呼ばれ。
    カメラを忘れたり、食べてばかりで撮り忘れ
    写真がないのが残念ながら
    お料理上手さんに囲まれて
    酒量の増える師走・・・

    今日は外国人のホストが
    貴方はOpenmindだよね
    と言ってくれて
    何だか雲が晴れた。

    私は私のそのまま
    用意した答えなんてなくて
    人に対して悪意も何もない
    正直といえば多分
    正直すぎる
    あまり人に興味がないから
    失礼に思われることもきっとあると思う
    それも含めてそのままなのだ

    気を遣っていないわけではく
    むしろとても遣っている
    遣い過ぎて誤解されることもある

    だけどアホみたいに
    それも
    私のまま

    私を開いていて
    私のことを好きでも嫌いでも
    それはその人の自由

    出逢うべき人とは必ず出逢えるし
    仲良くなれる人とは
    ずっと続いていく。

    Openmind
    いい言葉をもらった。

    CIMG3018_convert_20160401151159.jpg



    旅日記

    10-30,2015

    若い頃から国内外を飛び回ってきた父が
    もう海外もしんどいかなあ
    と弱気になったところへ
    母がポジティブ提案。
    みんなでいこうよ!

    ということで姪の夏休みに合わせて
    愛媛・埼玉・オーストラリア
    離れ離れの兄弟、その相方もどうぞ
    のゴチ実家旅行。

    行先は初海外旅行の姪が決めたハワイ。
    小学生の姪の夏休みを利用して
    それぞれの地から現地ホテルに集合。
    メンバー入りしていたのにロンブン缶詰めの
    主さまをひとり残し
    冷蔵庫をメニューで満杯にして
    単身成田からホノルルへ。

    何のシンパシーもなかったハワイ。
    若い頃、友達から誘われても断っていたハワイ。
    てっきりディズニーランドみたいなところと思っていた。
    いやはやの食わず嫌い・・・
    人には添うてみよ馬には乗ってみよ
    誠に至言。

    到着の2.3日前、
    大雨に見舞われたホノルルの街。
    キャパシティを超えた水道管が破裂して
    旅行二日目午後まで遊泳禁止だったビーチ。
    ホノルルは地面に対しての人の割合でいえば
    かなり無理のある都市化で
    災害には脆弱だろうと思う。

    でも、私が感じたハワイは
    人であふれたビーチやどこにでもあるショッピングモール
    癒し好きな老若男女という
    絵にかいたような安全や生ぬるさばかりでもなかった。

    今となっては旅先をこの地に決めてくれた姪に大感謝。

    懐の深い自然が心からはみ出た。

    あれから半年が過ぎた脳みそ
    ポカンな部分がほとんどとなってしまいましたが
    ひねり出しつつ旅行記を綴っていきます。

    CIMG2497_convert_20151002193849.jpg


    浴びる溢れる

    08-30,2015

    この数日間
    市内の端々を巡るのに
    市バスを乗り継いだおかげで
    時間もかかったけれど
    停留所で待っている間
    沢山の艶やかな花を数えた

    CIMG2505_convert_20151002193915.jpg

    ただバスを待つという
    無為に思える時間にも
    色彩と思考が詰まっている。

    そうそう、一日目のトローリーで
    わんわんとたわんでぶつかり
    花房を散らしていた
    こちら↓

    CIMG2493_convert_20151002193831.jpg

    君の名は
    シャワーツリー。
    降り注ぐ太陽と色
    ほんとうにいっぱい浴びたんだ
    心の器から緑が溢れ出る

    そして
    自然の奥に触れるといつも同じ
    心が痛い
    人間の功罪
    感受するだけの側には
    いつだって言葉がないんだ

    どの大陸からも遠く離れ
    長い間独自の生態系が育まれてきた
    来るものなんでも根付いてしまう
    懐の深い土。

    声の主に目を凝らし
    ジンジャーの香り満ちる道
    輝く花々豊かな植物
    深い腐葉土
    火山岩の感触
    昆虫の不思議
    山や雲の形

    ハワイアンキルトにもフラダンスにも
    全く素養はないけれど
    この植物たちをデザインのモチーフに
    渓谷の霧をフラソングに
    いつだってそこの風物が
    人の手で立ち上ってくる

    表現とは太古から
    風土の気配そのもの
    文化はいつだって
    風土から立ち上ってくる

    自然の風物の中にその国の全てがある
    風土を見れば
    食が人が分かる気がする。

    そして自分の国のこと
    自分の奥の方のこと
    目を凝らさなくても
    背伸びしなくても
    少し触れられる気がする。

    ありがとう。
    この島とかの島と
    自分に戻る時間を
    豊かさを
    ありがとう。

    今この時、共に過ごせてよかった。
    ずっと会えていなかった下の弟とも一緒に過ごせたし。
    誘ってくれた両親のおかげ。
    こんなお金の遣い方ができる
    やっぱりすごいなあ

    遠く離れて構成も変わり
    家族の形は少しずつ変化して
    大切な人が増えていく
    みんなが少しずつ聡明だから
    今幸せでいられる。
    色んなことをかみしめて

    ありがとう。

    CIMG2621_convert_20160123191102.jpg

    帰りはオーダーもしてないのに
    何だかバブリーなリムジン・・・


    上から見る

    08-29,2015

    昨日タンタラスの丘から眺めた
    ダイヤモンドヘッド。
    ハワイ初参戦でここを逃すわけにはいかない
    オアフ島のランドマーク。
    三十万年前に起こった噴火によってできた
    標高232mの山。
    噴火口の形からマグロのおでこ?
    と呼ばれているそう。

    一人では心もとないので
    弟を誘ってフロントに降りてみると佇む父。
    親子三人でバスに乗り、いざ出陣。
    ハワイに来て何度かバスに乗っているけれど
    まあ男性が親切。
    何人もの人が必ず席を立って譲ってくれようとする。
    本当にジェントル。

    バス停から十五分ほど歩くと見えてくる登山口。
    と、その付近に日本人の行列が・・・
    今日はSaturday。
    オアフ島で最も盛況な朝市
    ファーマーズマーケットに遭遇。

    折角なので寄り道。
    入場規制を待って入場すると
    花と果物の色色色。
    アンスリウムの花色
    こんなにきれいなグラデーション。
    珍しいとりどりの果物。
    生ジュース色々
    ジンジャーを炭酸水で割ってミントたっぷりなのもおいしそう。

    20150829_convert_20160123190343.gif

    ちょっと長い寄り道の後、本題へGO。
    昨日とは打って変わって
    植物らしい植物はなく
    ひよひよの単種が麓付近にぽつぽつ。

    舗装された道はすぐに終わって
    赤茶けて固い地面。
    照りつける日差し。
    サンダルで上っている人を見かけたけれど
    それは無理ではという勾配が続く。

    昨日は腐葉土の道。
    今日はゴツゴツの道
    同じ坂道が随分違って響く。
    細い道なので前の人に続いて黙々と登るも
    第一展望台でひと休み
    強い風が心地よい。

    そこからはこんぴらさんみたいな
    長くて細い急階段。
    長袖にトレッキングシューズの装備で来てよかった。
    これは元気でないと進めません。
    続く暗闇トンネル。

    トンネルを抜けると東西南北
    海と山と空とワイキキの街。
    往復で1.5時間くらい。
    爽やかな風に吹かれる。

    うーん、来てよかった!
    ばんざーい!!!
    サイコー!!!

    20150829m_convert_20160123190409.gif

    一家合流してランチ。
    光あふれるカフェにて
    ハーブたっぷりのオープンサンドとフレッシュジュース。

    CIMG2602_convert_20160123190912.jpg

    ホテルのビーチに寄ったり、ホテル周りを散策。
    ついぞビーチにもプールにも入らず仕舞い。
    ホテルのプライベートビーチ↓

    CIMG2604_convert_20160123191238.jpg

    最後の晩餐は
    近くのロイヤルハワイアンセンター

    CIMG2613_convert_20160123191029.jpg

    ようやく予約がとれた
    ウルフギャングステーキハウス。
    熟成庫で28日間かけて熟成させた
    ドライエイジングのプライムビーフを食ーす。

    CIMG2612_convert_20160123191220.jpg

    この旅全般
    レストランは日本人で埋め尽くされている・・・

    ぶらっとしてとホテルに帰ると
    今日はプールサイドのレストランが貸し切り。
    音楽とフラ
    遅くまでハワイの音が部屋に響いてる。
    長く素晴らしい一日。
    ブラボー・・・

    CIMG2616_convert_20160123191044.jpg

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。